初心者がバイクプラモ製作してみた・・・感想・難関・面白さ

いろいろ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

「自分にはどんなプラモが合っているのか?」

「プラモのジャンルごとの面白さを知りたい!」

との興味本位で、いろいろなジャンルのキットに手を出しています。

今回は、バイクのプラモデルを製作してみました。

バイク自体は昔から乗ってますし、好きな乗り物ですが、はたしてプラモデルとなると・・・?

これからバイクプラモを作ってみたいと思っている人に、

「バイクプラモ初心者がどのように感じたか?」

楽しかったこと、難しかったことを含め、感想をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

初めてのバイクプラモ製作

初心者でも安心タミヤさん

作ったキット

パーツ多い

初めてのバイクプラモということで、選んだキットはこれです。

安心のタミヤ製で、しかも(当時)最新キットですし、モトGPは好きでTVを観ているので、2020年のスズキのチャンピオンマシンにしました。

GSX-RRというのですが、チャンピオンになったミル選手ではなく、ご贔屓のリンス選手のバージョンで作っていきます。

製作方法

今回も当然、水性塗料ファレホを使って筆塗りしています。

ただし、カウルを筆ムラなく美しく塗装する自信がなかったので、カウルはスプレーを使いました。

また、ディティールアップパーツとして別売りされている「フロントフォークセット(タミヤ製)」も贅沢に投入しています。

「最初で最後のバイクプラモかもしれないし」

とお財布のヒモをゆるめました。

バイクプラモを作って難しかったところ

それでは、私が初めてのバイクプラモを作ってみて、感じたことを書いてきます。

まずはバイクプラモの難しかったところ、残念だったところです。

筆塗り難しい!

筆ムラが目立って上手に塗れなかった

塗装ですが、バイクは基本的にツルッとして美しい工業製品ですから、筆ムラは厳禁だと思っています。

それがなかなか上手に塗れませんでした。

そこで、一番目立つカウルは、スプレーを使って塗装することに妥協しました。

バイクプラモを筆塗りだけで仕上げる腕があればいいのですが、私にはまだまだ無理でした。

専用にカットされたマスキングテープ

タミヤらしく専用のマスキングテープが同梱されています。

キレイに切り離して指定の場所に貼るだけで、正確なカラーリングが可能になります。

これはとても嬉しい配慮でした。

初心者には嬉しい・・・さすがタミヤさん

なんとか出来たよ

金属色を沢山準備

⬆実車写真(画像出典:WEBMr.Bikeさま)

キットの塗装説明には、ちゃんと塗料の色指定がされていますが、再現は難しいと感じました。

というのも、実際のマシンは金属の素材感そのままで、塗装されているわけではありません。

塗料の「ツヤあり、なし、半光沢」という3種類では、金属それぞれのツヤやテカリ通りにはいかないんですよね。

  • アルミの感じ、チタンの感じ、ステンレスの素材感の違い
  • 鋳物、鍛造品などの製造方法での雰囲気の違い

私はその通りに再現するのは無理だと思ったので、せめてという思いで、素材ごとに色を変えてみました。

たとえば、チタン色はこの色、アルミはこの色・・・という感じです。

実際の色とは違ったとしても、塗り分けることで、素材ごとに違うという感じだけ出せればと思いました。

デカール貼りが大変(分割・曲面)

曲面に大きなデカール

バイクプラモはデカール貼りが大変でした。

まずカウルの曲面が大きい所に、大きめのデカールを貼るところです。

どうしてもシワになるので、マークソフターを駆使してなんとか貼れた感じです。

ゼッケンを貼り終わったときは上の写真のように不安でしたが、これはマークソフターのおかげでキレイになりました。さすがマークソフター!必須だと思います。

デカールがパーツをまたぐ

次は、デカールがパーツをまたぐ場合があるということです。

上の写真、カウルは別パーツで分離しているのですが、デカールは1枚です。(SUZUKIが分かれる)

カウルを付けたあとに貼ればいいかもしれませんが、それでは隙間が出来ますし、バラすこともできなくなります。

貼ってから切断

そこで、カウルを仮止めしてデカールを貼り、その後カッターで切り離すという作業になります。

こういうところが何箇所かありました。

面倒だけど、手抜きすると一気に完成度が下がる場所だと思います。

カウル付けると中が見えなくなる

カウルを付けていくとメカが隠れる(泣)

バイクプラモは、エンジンやフレームなどのメカを作り込んでいっても、カウルを取り付けてしまうと大部分が隠れてしまいます。

これ、作った者としてはとっても悲しいことです。

もしも・・・このことを知っていれば、2台同時に作って、カウルありとカウルなしと、並べて飾りたかったかな。

でも、隙間からチラ見えするメカが、それはそれで格好良いような気もします。

おらプラ
おらプラ

ちなみにタミヤさんのバイクは、カウルがビス止めなので、一応取り外しは出来るようになってます。

バイクプラモの楽しかったところ

続いて、バイクプラモを作って楽しかったところを書いてみます。

バイクの構造がわかる

パーツごとに塗装していく

まずはなんといっても、バイクの構造がわかることです。

細かい意味はわからないのですが、

「このバイクのマフラーってこんな曲がり方で収まってるんだ~」

「このスイングアーム、えぐいカーブしてるなあ」

みたいな感じです。

バイクとくにレーサーマシンは、最新技術が詰まっているので、各メーカーで構造が違うので比べると面白いでしょうね。

「バイクってこんな構造なんだ」と思いながら組み立てる

手のひらにギュッと詰まったメカ感

手のひらにギュッと圧縮

バイクのプラモって、小さい割にけっこう重いです。

細かいパーツが中までぎっしり詰まっているからなんでしょうね。

「プラモは重いと格好いい」

とプロモデラーさんがおっしゃっていましたが、たしかに重いだけで格好いいんですよね(笑)

それはともかく、手のひらサイズのバイクにギュッと圧縮した感じは、いい感じでしたよ。

ガンプラや戦車じゃなく、身近なバイクという乗り物だから?

いろいろな素材

ゴムタイヤだけでもワクワクする

バイクプラモはプラスチックだけじゃなくいろいろな素材のパーツで出来ています。

ゴムタイヤ、ホース類のビニールチューブ、金属のスプリング、エッチングパーツ、ビス、などです。

ビスもたくさん使います

とくに、太いタイヤなんかは、見たり触ったりしているだけでもいいもんですよ。

別売りのフロントフォークセットも贅沢に投入

今回は初心者のくせに、贅沢に純正別売りパーツも使いました。

とくにフロントフォークの金色のメッキパーツがGOODでした。

上の方で書きましたが、「素材ごとの違い」が無塗装でバリエーションが増えるので、効果バツグンなのです。下の写真、金が2種類あるでしょ? これを塗装で塗り分けるなんて私には無理。

金属・ゴム・ビニール等

特殊なデカールも

ゴムタイヤ用のデカールってあるんですね

バイクプラモには、ゴムタイヤ用の特殊なデカールが付いてきました。

これはバイクと車のプラモデルだけなんでしょうか。

説明書よく読んで貼りましたが、やったことがない作業なので、好奇心満たされました。

貼れた!

合わせ目消しがほぼない

目立つところは1パーツになってて安心

タミヤ製だからなのかもしれませんが、パーツの合わせ目を消す必要がほとんどありません。

燃料タンクとフロントカウルぐらいしか覚えていません。

しかも完成時に見えるのはフロントカウルだけかな?

合わせ目消しが多いと・・・正直面倒ですよね。

完成品がカラフルで美しい

展示すると映えます

バイクプラモは、完成して棚などに並べると映えます。

他のプラモには無反応な家族も、バイクだけは「きれい」と言ってくれます(笑)

一般人受けが良いのです。

たしかに戦車とかロボとかは、作った方は満足だけど他人にとってみれば「なんか汚い」のかもしれないですね(苦笑)

実物を見ると嬉しい

私はこのプラモを作ってから、モトGPでスズキのバイクを見ると、(細かいところは違うとは言え)嬉しくなりました。

そのマシンのことが、手にとるように分かる感じがするんです。

「おや、フロントブレーキ回りが今年は違うんだな?」

なんて、違いがわかるのには、自分でも驚きました。

車とかバイクは市販車も多いですし、街で見かける機会も多いでしょうから、楽しいと思います。

完成写真

私がなんとか完成させたものを一応載せておきますね。

アラが多いですし、上級者には笑われるでしょう。

さらに、細かいところは、実際の指定色と違うのですが、バイクマニア以外はわからないはずですから、あまり気にしていません。

「初めてでもこれくらいは出来るんだな」

と、これから作る人の後押しになれば嬉しいです。

バイクプラモを作ってみよう!

本物とは色が違ってますがイイのだ

バイクプラモをつくる人は、きっと実物をなるべく再現するのが楽しいのだと思います。

たぶん、バイク自体にもすごく詳しい人。

でも、そんなんじゃなくても、私のようなガンプラ人間にとっても、バイクプラモは楽しめました。

実物と色が違っても、そんなことは気にしなくていいのだと割り切って楽しむのも、いいんじゃないでしょうか。

今、プラモの展示棚を見て時々、

「違うバイクと並べたいな」

と思っています。

2台3台と並んだほうが、バイクや車って格好良さが倍増していくと思うんです。

最初で最後のつもりでしたが、またバイクプラモ作りたいです。

今バイクプラモを作ろうか考えている人、ぜひ作ってください。

バイクプラモ、楽しかったですよ!

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
いろいろ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ