埋めるならポリパテ!特徴と基本的使い方「エポパテとの比較」

組立・工作道具
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

ポリエステルパテ、通称ポリパテ。

盛りやすく、ヒケがなく、早く乾いて、しかも削りやすいという特徴があります。

普通にプラモを作るときにはあまり出番はないかもしれませんが、ちょっとした改造や手直しを始めようとすると、途端に出番が増えて便利さに気づくパテでしょう。

「ポリパテって便利って聞くけど、実際どうやって使うの?」

「いろいろなパテがあるけど、どんな作業に向いてるんだろう?」

ポリパテをこれから使おうという人向けにまとめてみました。

パテには、3種類それぞれの持ち場があります。

エポキシパテでもダメ、ラッカーパテでもダメ、そういう作業にピッタリなのがポリパテですから、

「こういうときはポリパテやね」

と選べるようになりますよ。

スポンサーリンク

ポリパテとは?

ポリパテは本体と硬化剤を混ぜて使います

ポリパテの使い方

ポリパテは本体と硬化剤2つがセットになっています。

2つを混ぜ合わせた瞬間から、ポリパテはゆっくりと硬化していくわけです。

だいたい同じ長さで

使い方はメーカーによって多少違いますが、基本パテ本体と硬化剤を一定比率で混ぜるように指示があります。主に、上の写真(タミヤ)のように同じ長さで取り出すと、それが良い比率という場合が多いです。(ちょっと上の場合は硬化剤(黄)が多すぎました。が、大きな問題にはなりません)

ハケや爪楊枝等で混ぜましょう

2つの色が完全に混ざって、1色になるようにかき混ぜます。

そうしたらあとは盛るだけです。

硬化には数時間かかりますから、焦って作業をする必要はありませんよ。

ポリパテの長所

ポリパテの長所は以下のようになります。

  • 適度な粘度なので、詰め込んだり立体的に盛ったりしやすい
  • 硬化してもヒケがない
  • 硬化しても削ったりヤスったりしやすい
  • ラッカーパテより硬化が速い

ポリパテの短所

もちろんポリパテには短所もあります。

  • 独特の匂い
  • 空気が入りやすい(後述します)

匂いが強いと言われますが、正直私はあまり気になりません。

特徴的な匂いだなとは思います。

ポリパテは埋めるときに使おう

簡単に盛れてヒケがないから

ポリパテの長所短所を考えると、ポリパテが一番使われるのは肉抜き穴などを「埋める」場合だと思います。

逆に言えばエポキシパテやラッカーパテは「埋める」作業が苦手ということにもなります。

エポパテ・ラッカーパテとの比較

埋める作業でのエポパテとラッカーパテの弱点

エポパテは硬めの粘土みたい

エポキシパテ(以下エポパテ)はまるで粘土のようなパテですから、自分の好きな形に大まかに整えるのは楽で便利です。

しかし、比較的硬めの粘土のような感じなので、隙間や空間に押し込んで埋めるのは簡単にはいきません。しっかり埋めたつもりでも隙間がゴッソリ残ったりしますし、おしこむのが大変で指が疲れます。

またラッカーパテはポリパテと同じような粘度で、埋めるのはやりやすいのですが、ヒケが致命的な欠点になります。

「ヒケとは?」パテが硬化するにつれて体積が減り、最初に盛った状態より凹みが出来てしまうこと。ラッカーパテは必ずヒケますし、たくさん盛るほどヒケも大きくなってしまいます。
【エポキシパテ使い方】埋めるのではなく造形のためのパテ
プラモデルによくつかうパテのうち、圧倒的に楽しいのがエポキシパテです。粘土状で自由に形を作ることが出来て、乾燥後も削ったりしやすいので造形作業には必須と言えるでしょう。エポキシパテの使い方や使いやすくする裏技を、作業の様子を交えてまとめました。

ポリパテは他の2つのパテの長短所の中間とも言え、

「ラッカーパテのように盛れるのに、エポキシパテと同じようにヒケがない」
のです。

ポリパテ実践例

実際にポリパテを使った例を2つ上げてみます。

例①肉抜き埋め

この肉抜きを埋めたいぞ

このパーツは本来このような凹みは必要ないのですが、成形上の都合で空間が出来ています。こういうのを「肉抜き」といいます。

なるべく目立たない場所に作られていることが多いのですが、逆に目に入ると「残念」な印象になっちゃうので、埋めて本来の姿に戻してやると「おっ!」となるわけですね。

ポリパテを盛りました

こういう肉抜きにエポパテを詰め込むのは大変ですし、ラッカーパテだとヒケで凸凹になるので、ポリパテを使いました。

デザインナイフやヤスリで整える

硬化したら、デザインナイフやヤスリで形を整えてやりましょう。

ヘタな例。空気が入ってた

よく見ると、下の方にポコっと丸い凹みがあるのがわかりますよね?

これは短所のところでもあげました「空気の混入」です。

空気が入らないように丁寧に詰め込んでいかないと、空気が入ってそこが空洞になってしまうのです。

こうなると上からまたパテなどを盛って削ってで、2度手間になりますよ。

例②モールド埋め

このモールドを埋めてしまいたい

次の例は、このモールドを埋めてみます。

このモールドは1mmもない深さなので、ラッカーパテでも大丈夫(厚みがないとヒケが少なめと予想される)なのですが、ポリパテのほうが間違いがないと思って使いました。

大胆にポリパテで埋めて

ヤスっていき

完成!

ラッカーパテでやったとしたら、多少ヒケが出るぶん多めに盛るし、硬化後は固くて削るのが面倒なので、ポリパテのほうが断然楽ちんだったと思います。

ポリパテ結論

ポリパテは、

「ラッカーパテのように扱いやすい粘度で、そのうえヒケがないパテ」

です。その結果、

埋めるという作業には最適なパテ

と言えるでしょう。

最初に書いた通り、3種類のパテにはそれぞれ得意・不得意の守備範囲があって、それぞれの得意分野で活躍してくれます。

「ここを埋めたいな」

と思ったら、まずはポリパテを使ってみてください。

ポリパテには他にも実は特徴があって、例えばエッジを作りやすいとか、プラと密着しやすいとかあるのですが、それは「ポリパテで埋める」という作業で使っていけば、そのうちわかってくると思います。

ポリパテを知るには、まず埋めてみろ!

埋めていればそのうち、ポリパテの真の姿が見えてくるだろう!

なーんて初級者のくせに偉そうですが、ホントにそうなのでやってみて!

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
組立・工作道具
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ