【おらもプラモ】トップページ

新着記事

【フィアット500完成】初めてカーモデル作って今思うこと
デカールの段差を無くす方法に初挑戦!研ぎ出しもやるよ
モールドをまたぐデカールをピッタリさせたい
【フィアット500①】初めてのカーモデルに挑戦
綿棒に水転写デカールがくっついてイヤ~。対策2つあります

ガンプラ

1/144HG THE ORIGIN版 RX-78-02 ガンダム 素組み製作
子供の頃以来30年ぶりのプラモデルを作ってみました。作るのはガンダムです。ただ説明書通りに組み立てるだけの素組みです。キットの進化に驚き、自分の老眼におののき、そして、プラモデル作りの楽しさにもう一度目覚めました。(→全4回
1/144HG THE ORIGIN版 RX-78-02 ガンダム 簡単フィニッシュ
⬆で作ったガンダムに、ほんの少し部分塗装をして、スミ入れもやってみました。デカールも貼ってみました。キットのできの良さに助けられて、自分でもこんなに作れるんだと感激しました。(→全5回
1/144FG RX-78-02 300円ガンダム 筆塗り全塗装
水性塗料を買って、初めての筆塗り全塗装に挑戦してみました。失敗しても惜しくないように300円の激安キットでしたが、とにかく苦労しましたし、最後には大失敗となったのです。(→全6回
1/144HG ザク・ハーフキャノン 筆塗り全塗装
部分塗装、全塗装練習とやってきて、いよいよ筆塗り全塗装フルコースをやってみました。ガンダムばかり作ってきたので、ここはやっぱりザクでしょう。地上っぽい塗装がしたくて、このモデルにしました。筆塗り楽し~い(→全6回
1/144FG シャア専用ザクⅡ 黒サフ後の塗装テスト
前回のHGザクを塗装している時に、はみ出して失敗したところが、なぜか私には格好良く感じてしまい、お試しで塗装してみました。初めてのサーフェイサーには失敗しましたし、塗装もなんとも言えない微妙な感じに(→全2回
1/144HG 量産型ズゴック 初めてのスジ彫り挑戦
なにもないところにスジ彫りを彫る・・・新規スジ彫りに挑戦です。これまでは既存のモールドを深く彫り直すだけでした。まあ、とにかく失敗ばかりのスジ彫りになりました。「むずかし~い」(→全6回
1/144EG RX-78-02ガンダム 工具不要キットにスミ入れペン
初めてガンプラを作る人向けの入門キット「エントリーグレード」。工具を使わず指だけで作れるというのを確かめたくて作ってみました。あと、コピックモデラーというスミ入れペンでスミ入れだけして完成度をアップ(→全2回
1/144FG RX-78-02ガンダム ガンダムマーカーで大失敗➡戦意喪失
「ガンダムマーカーは初心者が簡単に手軽にきれいに塗装するためのペン」と思っていた誤解を、打ち砕いてくれました。大失敗でしたが、いい勉強になりました。ガンダムマーカーはこう使ってはいけないという悪い例(→全1回
1/144HG ガンタンク初期型 筆塗り迷彩塗装と戦車のようにドッティング
今回挑戦したかったのは2つ。筆塗り迷彩塗装をガンプラでやってみたかったのと、戦車模型の時にやった油彩ドッティングをガンプラでやってみたかったのです。「戦車➡ガンタンク」という発想が安直ですね。ウェザリングやりすぎたかな・・・(→全5回
1/144HG YMS-15ギャン ファレホ筆塗りでメタリック塗装
ファレホのメカカラーのなかの、メタリック塗料がとっても気に入ってます。今回はギャンを全部メタリック塗装にして、西洋騎士の鎧っぽく仕上げたいと思いました。(→全4回
1/144RG MS-06ザクⅡ リアルグレードを固定ポーズで作る
可動範囲と細かな色分けが特徴のリアルグレードですが、今回は好きなポーズに固定して作りたかった。実はMGほど動かず苦労しましたが、なんとかなりました。固定ポーズでの筆塗りは楽しいのです(→全3回
1/144HG MS-06ザクⅡF2 リアルタッチマーカーだけで塗る
素組みしたザクを、リアルタッチマーカーだけでウェザリングして仕上げてみました。初心者にもオススメしたい方法です。
簡単にリアルなガンプラ仕上げてみよう!(→全3回
1/144HG アッガイ 簡単なディテールアップ
難しい工作はできないので、簡単に出来ることだけを少しだけやって、ちょっとだけディテールアップさせてみました。お手軽に、でも少しはオリジナリティも欲しいしね(→全5回
1/144HG ハンブラビ 永野護デザインを味わうガンプラ作り
永野護デザインを味わおうということで、ほぼキットそのままで作りました。積みプラを減らすべく作ったのに、言った先から次のプラモを買う結末になろうとは(➡全4回
1/144 HG ドム 筆塗り迷彩塗装で作りたい
久しぶりのガンプラ製作。無骨なドムを迷彩塗装で作りたくなりました。ガンダムの世界で迷彩塗装ってどうすればいいのか悩み、試行錯誤しながら進めていきました。塗り始めとは全然別物になっちゃった(➡全3回
1/144 HG ガンダムエアリアル改修型 水星の魔女世代のガンプラにおったまげる
ガンプラの進歩を知るために、「水星の魔女」を作ってみます。キットを知るためにパチ組みで作りました。ガンプラって塗装なしでもこんなにカッコよく作れるようになっているんだなあ(➡全1回
1/100 MG ガンダムver3.0 パチ組み
「最近のガンプラは色分けもすごくて格好良い」ので初めてのMGキットパチ組みしてみました。組立てて付属のシールを貼っただけですが、それでこんなにかっこいいガンダムが手に入る(➡全1回
1/100 MG 百式ver2.0 部分塗装
『メッキ』と聞くだけで作る対象から外してしまう、そんな自分でした。だってニッパーで切ったらゲート跡残るじゃない?子供だましやん?でもそれは現代のガンプラには通用しない「間違い」だとわかったんです。メッキを活かして部分塗装で百式作ってみました。(➡全4回

マシーネンクリーガー

1/20 P.K.A.W.Ausf F フリードリッヒ 筆塗り迷彩塗装
 子供の頃から不思議な存在だったプラモデルキットマシーネンというものだと知り、作りたくなりました。ガンプラとは違う雰囲気で、筆塗りでの迷彩塗装に挑戦です。人のフィギュアの塗装も初めての経験でした。(→全6回
1/20 S.A.F.S.R SPACE TYPE プラウラー 筆塗り塗装
またマシーネンクリーガーを作りたくなって、2体目に挑戦です。前回とは違う陣営なのでデザインも違い楽しみです。
戦車でやった油彩も使ってみました。ただ、ちょっと汚しすぎて・・・。ウェザリング下手!(→全5回
1/20 Panzer Aufklärungs T.W.47/N2 キュスター 冬季迷彩
マシーネンクリーガーを作っている人は上手な人が多くて、見事な作例が多いです。お手本があるようなものなので、今回はマシーネンで迷彩塗装です。さらにその上から冬季迷彩もやってみて、1キットで2度練習です。このキット、すごくいい!(→全8回
1/20 グローサーフント アルタイル 筆塗り塗装
マシーネンのなかでまだ作ったことのないタイプの1つがグローサーフントという自立型兵器。そのなかでアルタイルとは宇宙仕様のものです。一切予定も計画もなく作っていきたくてこのキットを引っ張り出しました(➡全5回
1/20 ノイスポッター ファレホ筆塗り黒立ち上げ塗装
塗装方法の一つに、黒立ち上げというものがあります。下地の黒を残しながら仕上げていくものだと思うのですが、それがとてもカッコいいなと思っています。似たような仕上がりを目指して筆塗りで挑戦です。(➡全5回

戦車

1/35 ドイツ軽戦車38t 戦車プラモに初挑戦
とにかくいろいろ作ってみたいと思い、初めての戦車模型に挑戦です。初心者でも安心のタミヤ、新しめのキット、ミニサイズということで38tという戦車にしました。「キャタピラってバラバラなのかよ!」という衝撃。次はないかも・・・(→全8回
1/35 フランス軽戦車 R35 ファレホ筆塗りで独特の迷彩塗装に挑戦
2つ目の戦車模型になります。パッケージに描かれているフランスの独特の迷彩塗装が気に入って、筆塗りで挑戦してみたいと思いました。
私はどうやら小さめの戦車が好きみたいです。
黒い縁取りはコピックで。(→全4回
1/35 ドイツⅢ号突撃砲B型 クレヨン泥汚れ初挑戦
低いシルエットの車体と短い砲塔が気に入ってキットを購入。戦車模型も3台目なので、少しずつ工作を付け加えて進歩していきたい(→全8回
1/35 フランス戦車 B1-bis ブラック&ホワイト塗装法を筆塗りで試す
ブラック&ホワイト塗装はエアブラシで行うのが本当ですが、もしも筆塗りでも出来るのなら自分の戦車プラモがかっこよく出来るかも?お手本見ながらダメ元で挑戦です。(➡全8回
1/35 ティーガーⅠ極初期型 初ドラゴン社の洗礼
戦車模型をネットであさっていると、タミヤが唯一至高の時代ではないと気付かされます。おっさん世代には信じられない流れです。「でもどこが違うの?」ということで、試しに1つドラゴン社キットを作ってみることに(➡全5回
1/35 JSU-152 ロコ組み大失敗や識別帯塗装など
ソ連の戦車は初めて作ります。設計思想が国によって違うと思うのでそのあたりが楽しみです。
このキットでは履帯のロコ組みを失敗するミスをおかし、そのためにいろいろリカバリーに追われました。説明書よく読めってことですね。あと識別帯を筆塗りでやってみました(➡全4回

飛行機

1/72 T-4 ブルーインパルス 失敗の連続!初めての飛行機プラモ
初めての飛行機プラモ、初めてのハセガワ製、もらい物の古いキットということもあって、悪戦苦闘でした。遠目にはなんとか形にはなりましたが、はっきりいって失敗作です。次に活かしたい・・・(→全6回
1/48 F35AライトニングⅡ ステルスパターンを強引に筆塗りする
飛行機はほとんど作りませんが、一度は大きな戦闘機を作ってみたいと思うように。難しいのは無理なので作りやすさで定評のあるタミヤさんの最新キット選択です。特徴的なステルスパターンをどうするか悩み、筆塗りでやってみました(➡全6回
1/48 P-38Jライトニング 銀ピカの飛行機を作りたい

飛行機のプラモ、タミヤ以外を作れる気がしないヘタレなのですが、比較的新しめのキットでP-38がありました。ありがたい!新旧ライトニング並べたいし、銀色の飛行機にも興味が出てきたので即ポチっとな(➡全5回

1/48 フェアリーソードフィッシュmk.2 複葉機を作りたい
現代機・大戦機と作ってきて「そういえば複葉機ってどんなプラモなんだろう?」と思い作りました。複葉機というと古いイメージですが、これも第二次大戦で使われたようです。もちろん初級者安定のタミヤ製。
でも、複葉機ならではの難しさ、ありました。(➡全4回

バイク・車

最初で最後のつもりでバイクプラモを作ってみました。motoGPのレーサーがタミヤから発売されるのは久しぶりらしく、ちょうど良いタイミングでした。初心者には難しかったですが、バイクの楽しさがわかったような気がしてます。(→全1回
1/24 タミヤ フィアット500F 初めてのカーモデル製作
初めてカーモデルに挑戦しました。カーモデルの醍醐味はボディをピカピカツルツルに仕上げる研ぎ出しと聞きます。ひたすら磨き込むのは大変そうだし、最初は小さめボディのフィアット500をチョイス。(→全4回

艦船模型

上級者が作った艦船模型の完成作例を見て、自分も作ってみたくなりました。初めてのくせにエッチングパーツもフルセット、張り線もやっちゃいました。無茶?無謀?でも面白かったですよ!(→全1回
ハセガワ1/350戦艦長門(開戦時)withポントスエッチング
艦船模型は2隻目になります。満足感たっぷりで眺めて飽きない艦船模型ですが、老眼が一気に進む感じがするし、これが最後になると思います(➡全7回

その他(FSS等)

PLAMAX サーバイン 少年時代の夢が叶う 
もともとソフビキットで伝説的な造形だったものが、プラモとして再発売されるという。これは買わない手はないでしょ。子供の頃の憧れを手にする喜びをかみしめて筆塗りしました。(→全4回
ボークス IMS1/100 破烈の人形 初めてのFSS挑戦
ボークスのFSSプラモはガレージキットを原型にしているので格好良さは抜群らしいけど、ガンプラなどと比べると難しいみたい。改修必須とか言われてて不安たっぷりでした。(➡全10回
ボークス レジンキット1/144ダッカス 初めてのレジンキット挑戦
レジンキット初挑戦としてダッカスを選びました。ボークスは作りやすいと評判ですし、初心者にはいいのではないかと。レジンキットの製作について一通り経験できましたし、何より格好良かった!作ってよかった!(➡全8回
ボークス レジンキット1/100アルカナサイレン レジン2作目筆塗り全塗装
ボークスの展示で見かけて以来、いつか作りたいと思っていた大ボリュームレジンキット・アルカナサイレンです。筆塗りでレジンキット?筆塗りでモーターヘッド?出来るかな?(➡全3回
トイズプレス 1/144サイレンF ヘタでも天才・谷明を作りたい!
FSSの模型を作っていると、耳に入ってくる人物がいます。天才・谷明です。ガレキの原型作っている人なんてみんな天才だと思うのですが、その中で「天才」と称されるとはどういうことなのか?ヘタだってその魅力を知りたいのです(➡全6回
ボークス 1/100 ルミナスミラージュ 缶スプレーと筆塗り
 がっしり重量感のあるMHが好きですが、まったく正反対のコレもなんかお気に入りです。ピンク色塗ったり、ハートとかお花とか、オッサン頑張りましたよ。萌え~ってやつですか?(←)でもこれ、まじカッコイイです。ポンコツにもたせていいオモチャじゃないぞ天照(➡全5回
WAVE 1/24 スコープドッグ 初スコタコをAFV手法で塗装したい
スコープドッグは子供の頃からカッコイイなと思っていたけど、プラモを作るのは後回しにして未だ未経験でした。
ちょうど大きいスケールの新しいキットが出たのでAFV手法で塗装してみますよ(➡全3回