【初心者の勘違い】素組みより塗装したほうがラクだという事実

初心・初級者
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

プラモ作りを再開したばかりの頃、実際にいくつかキットを作ってみるまで、私はこう思っていました。

「素組み(パチ組み)よりも塗装で仕上げるほうが難しい」

「説明書通りに組み立てるだけより、塗装までするほうがやることも多いし、キレイに仕上げるまではハードルが高そう」

たぶん、初心者のときってみなさん同じように考えると思うんです。

でも、じつは違うんじゃないかな~?って思えてきました。

塗装はたしかにやることは増えるし、キレイな塗装をするにはテクニックが必要です。

でも、素組みをキレイに仕上げるのは、もっと難しいテクニックなんだとわかってきました。

スポンサーリンク

素組みは塗装しないからラク?

キットを買って、説明書通りに組み立てる素組み(パチ組み)。

入門書を読むと、ニッパーで2度切りして、デザインナイフでゲート処理すれば、それでキレイに仕上がると書いてあります。

最近のガンプラは、色分けもかなりされていますので、組み立てるだけでかなりの完成度ですし、飾っておいてもかなり格好いいです。

でも、それで良いのは最初だけで、だんだん気づいてくるんですよね。

  • ゲート跡が目立つなあ・・・
  • ここの合わせ目、隠れてないのか・・・

「素組みなんだから、そんなものでしょ? これで充分ですよ」

と納得できるのならそれでいいんです。

でも、そういう細かいところが目に入るようになってくると、それらをキレイにしようとすると、

「塗装なしでなんとかする」より「塗装ありきでなんとかする」ほうがラク

なんです。

素組みはじつは難しいです

素組みでキレイに仕上げるのが難しいポイントを挙げてみます。

ゲート処理でミスは許されない

ゲート跡が見えてます。きれいにやったつもり(汗)

まずはやはりゲート処理です。

ニッパーでパーツを切り離したところは、細心の注意で完璧にやらないと、次のようなミスになります。

白化

切った跡が変色してます

ニッパーでパーツを切り離す時に、プラスティックが潰されて白く変色してしまうことを、白化(はっか)といいます。

切れ味のよいニッパーで、正しい切り方で、2度切りをすればいいと言いますが、これがなかなか難しいんです。

削りすぎ

デザインナイフで少しずつ削り取るのも、ゲート処理を上手に行う方法のひとつですが、これもまた完璧に行うのは初心者には難しいです。

削りきれなかったり、ギリギリを攻めると削りすぎてエグレたり。

特殊コーティング系は鬼門

また、上に上げたゲート処理をさらに難しくするのは、キットに特殊コーティングや特殊な成形方法がとられている場合です。

例えば、

  • ツヤツヤ表面のグロスインジェクション
  • 限定品のチタンコーティング

などです。

主にプレミアムバンダイで販売される限定品に多いですかね。

これらは、かなりの上級者でも素組みで仕上げるのは手間で、難しいはずです。

私の知る限りですが、ゲート跡を完璧にするのは不可能と言っていいでしょう。

塗装するとラクなこと

それに対して、塗装することが前提の場合は、それらを気にしなくていいんです。

ゲート処理はアバウトでOK

ゲート処理なんてヤスれば消える!

ゲート処理は、アバウトでOKです。

  • 白化しようが塗装で消える
  • ゲート跡はヤスリで平らにさえなればいい(ヤスリあとは見えなくなる)
  • 万が一削りすぎてもパテで埋めてヤスればいい

なので、パーツを切る段階では、じつは塗装する人はアバウトなんですよ。

「白化しない高級ニッパー? そんなものいらん。ある程度の切れ味あればOK」

「ゲート跡なんてどうせヤスるんだから、多めに残しておけばいいんだよ」

と考えてる人が多いんじゃないでしょうか。

私レベルでもこれぐらい出来るんです

ウェルドとか気にしない

これがウェルド。ちなみにこのキュベレイはグロスインジェクション。

また、素組みでは絶対に消せないものがあります。

それは、ウェルドと呼ばれるプラスティック成形時のムラのようなものです。

本来表面が一律の色になるはずが、変な模様をになっているのを、見たことありませんか?

あれは、塗装する人からすれば「関係ないもの」ですが、素組みの人にとっては「なんだよこれ、あたりが悪かったなあ」なんですよね。

ウェルドで不良品というわけにもいきませんし、あきらめるしかありません。

素組みは減点式、塗装は加点式

塗装すれば100点満点に戻るでしょ?

塗装するということは、塗料や筆や溶剤などの新しい道具が必要ですし、もちろん塗装という工程が加わることで、覚えなければいけないテクニックが増えます。

それは事実なんですが、そのぶん、組み立て工程が楽になるのも間違いないのです。

もし、「あわせ目もゲート跡も完璧に隠れる構造になっているキット」があればいいですが、そんなものはありません。

「おれは素組みでいいんだよ! 塗装なんてしたくないし、ある程度仕上がればそれで楽しめるから」

というのなら、もちろんそれで良いと思います。

でも、細かいところが気になって、なんとかしたいと感じるようになってきたら、その時は塗装を考えたほうがいいですよ。

塗装は隠す手段でもあるのだ

素組みでは不可能だったり、解決が難しいことがあります。

塗装しないで解決するより、塗装して解決するほうがラクなこと、初心者の方には知ってほしいです。

ちょっと例えが変かもしれませんが、

素組みは、キットの状態が100点満点で、そこから減点方式で作る方法。

塗装は、加点方式で作る方法。

だと思います。

「ミスをすると取り返しつかないのが素組み」

だから難しいんです。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
初心・初級者
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ