デカール柔軟剤はどこまで柔らかくなるの?実験したので結果発表

初心・初級者
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

プラモデルのデカール(水転写式)を貼る時に、よく使う溶剤が2つあります。

  1. デカールを密着させるための糊
  2. デカールを柔らかくして凹凸にフィットさせる柔軟剤

の2つです。

例えば私が愛用しているのは、クレオスさんのマークセッターとマークソフターです。

こちらで詳しく違いについて解説しました。

【意外と誤解されてる?】マークセッターとソフターの違いと使い方
水転写デカールを貼る時に、マークセッターとマークソフターはもはや必須とも言える便利アイテムです。デカールを貼るときのミスが格段に減りますし、キレイに仕上がります。マークセッターとソフターの違い、使い方、効果の例を図と写真でくわしく解説します。

しかし、使っているうちに疑問が出てきたんです。

「マークセッターでは、どのくらいの凹凸まで密着する?」

「さらに、マークソフターを使えば実際どこまで密着する?」

ということです。

今、目の前にある凹凸にデカールは貼れるのか貼れないのか?

経験を積んだベテランならわかるのでしょうが、私のような初級者にはそれがありません。

自分なりの「目安」を実験して知っておく必要があると思ったのです。

スポンサーリンク

実験してみた理由

先日作った戦車

最近作った戦車模型(フランス軽戦車R35)で、実は説明書通りに貼れなかったデカールがありました。

上の写真のフランス軍の丸いマークは、本当は、矢印の凸凹のところに貼るように指示されていたものです。

でも私は、

「こんな凸凹なところに貼る自信がありましぇーん」

と、位置をずらして貼り付けたんです。

今から思えば、この実験をしてから完成させればよかったんですが、そのときは、

「あとで実験してみよう! 俺ってプラモには真面目だし、賢いなあ」

なんて思ってたんです(笑)

実験準備

それでは、実験の準備を説明します。

プラ板とジャンクパーツで

プラ板にマジックで線をひいて

プラ板に位置決め用の線をひいて、そこにジャンクパーツを接着して凹凸を作りました。

WAVEさんの丸リベット

マシーネンのランナーにあるボルトナット

WAVEさんの丸リベットと、マシーネンクリーガーのランナーにおまけで付いているボルトナットを、凸凹に使います。

デザインナイフで剥ぎ取る

こんな感じ

凹凸の加減は4種類で、3つのパターンで使えるように設置しました。

  1. デカールそのまま貼る
  2. マークセッター使って貼る
  3. マークソフター使って貼る

の3パターンです。

凹凸の加減

ファレホのサーフェイサーで黒くしました

余っていたデカールの中から、白いものを使うことにしたので、ファレホ・ホビーペイントスプレーを吹き付けて黒くしました。

余ったデカール使います(これはキュスターのもの)

「実験のための準備」・・・って面倒でしたが、今後の自分のためだと思って頑張りました(笑)

マークセッターとマークソフター使います

マークセッター

使った溶剤は、愛用のクレオス製品(マークセッター・マークソフター)です。

詳しくはこちらの「セッターとソフターの違い」でも書きましたが、

  • マークセッター・・・追加の糊だけじゃなく、少し柔軟剤も含んでいる
  • マークソフター・・・100%柔軟剤のみ

です。

つまり、「マークセッターでもある程度柔らかく凸凹にフィットする」わけで、その守備範囲を知りたいのが今回の実験の目的になります。

おことわり

マークソフター

最初にお断りしておきますが、私の技術はまだまだですので、上手な人がやれば違う結果になるかもしれません。

そのあたりはご了承いただいて、「初級者による、初級者のための実験」として参考にしていただければと思います。

実験開始!

それでは、順番に実験していきますね。

おおまかな実験手順は考えてからやりましたが、試行錯誤しながらですので、失敗もありますのでお許しを。

デカールそのまま貼る

全然貼れません

まずは、溶剤を使わずデカールそのままで貼ってみました。

一番凹凸が小さい丸リベットにも関わらず、まったく貼れません。

はっきり言って、上に載ってるだけで、吹けば飛ぶような感じです。

マークセッターで貼る

マークセッターを垂らしてから

デカール乗せました

次にマークセッターを塗ってから、デカールを貼ってみました。

多少デカールが柔らかいような感じになりましたが、これもまったく貼れません。

マークソフターで貼る

マークソフターを上から塗る

最後に、マークソフターを上から垂らしてみましたが・・・

どれもダメ

結果はあまり変わらず、どれもうまく貼れませんでした。

そもそも凹凸に対してデカールが小さすぎて、実験に無理があったようです。

やり直し。

デカールそのまま貼る(デカール大きめ)

やや大きめのドイツ軍マークで

次は、ドイツ戦車に付いてきたやや大きめのデカールを使って、やってみることにしました。

これくらいの大きさになれば、もしかするとうまくいくかもしれません。

まずはデカールだけで貼ってみましたが、やはりこれは凹凸が大きすぎて、うまく貼れません。

デカールだけで貼る場合は、たぶんほぼ平面しか無理なんでしょうね。

マークセッターで貼る(デカール大きめ)

マークセッターの柔軟性分では

次に、マークセッターでやってみましたが、やはりキレイには貼れませんでした。

写真を見てもらえばわかると思うのですが、デカールそのままよりはかなりデカールが柔らかくなっているのがわかるでしょうか?

ボルトナットの凹凸に、全体的には多少フィットしつつあります。

もちろん、これでは実際にプラモに貼る場合には台無しです。

マークソフターで貼る(デカール大きめ)

そしてマークソフター

続いて、本命のマークソフターを使ってみました。

なんと!みるみるうちにデカールが凸凹にフィットするではありませんか。

マークソフター塗ってしばらく放置➡綿棒で押し付けると、見事に凹凸に追従して貼ることが出来ました。

「うわっ、こんなに違うものなのか!」

比較してみましょう

斜めから

斜めから

斜めから

凹凸の具合と、デカールの大きさがたまたまうまくいって、3パターンの違いがよくわかる例になったと思っています。

追加実験(大きなデカールで練習)

マークソフターのあまりの効果が気持ちよくて、ついでにもう少し練習がてら実験してみました。

デカールを置いてマークソフターを塗り

少し待って綿棒で拭き取る

やはり、マークソフターを塗ると、デカールがものすごく軟化するのがわかります。

上の写真では、「2」の下の方とかが、ゆがんでしまってますよね。

おらプラ
おらプラ

「デカールが柔らかくなる=弱い=破れやすい」ということにもなります。

横から見ると

横から見ると、いかにデカールが柔らかくなって、凸凹にフィットしているかわかります。

すごいですよね。

恐るべしマークソフター!

さらに練習

もう一枚、もっと丁寧にやってみました。

やはり「2」が少しゆがんでしまいましたが、さっきより上達していますね(笑)

そして、あらためてマークソフターの能力に驚いてしまいました。

実験結果と考察

比較写真

今回の実験で、わかったことを挙げておきます。

  • デカールそのままでは、ほぼ平面にしか貼れない
  • マークセッターは多少柔らかくなるが、激しい凹凸は無理
  • マークソフターはかなりの凹凸でもフィットさせる
  • ただしデカールの破損に注意が必要
  • 凹凸に対して小さすぎるデカールは貼れない
  • 「どの程度まで」可能かは経験を積むしかない?

以上です。

「5」のリベット部分(マークソフター使用)

私としては、マークセッターは毎回必ず使っていますが、マークソフターはめったに使いません。

ただ、上の写真の時もそうですが、凹凸がある場合は積極的にマークソフターを使ったほうが、安全(デカールが凸凹で浮くと白く目立っちゃう)だと思います。

そして、一番最初に書きました、フランス軽戦車のあの凹凸ですが、

「マークソフターなら余裕で出来たな」

と、今は思います。(破れて失敗した可能性もありますが、「貼れる範囲ではある」という意味で)

プラモデルを作るほうが楽しいですし、実験は面倒でしたが、今回やってみた甲斐はあったと思います。

「マークソフターは、かなりの凸凹でもフィットさせてしまう」

ことがわかっただけで、大収穫。

同じ初級者モデラーさんたちの参考になれば、さらに苦労が浮かばれるのですが。

今回テストに使ったもの

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
初心・初級者
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ