【HGアッガイ#1】開封と仮組み。超簡単なディテールアップ

ガンプラ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

ガンダムメカの中の愛されキャラ、アッガイを作ります。

子供の頃、今で言うところの旧キットを作ったことがありましたが、そのときは、

「くそっ、アッガイしか売ってねー。超かっこ悪いけど仕方ねえか」

と愚痴って作った記憶があります。

駄菓子屋のプラモコーナーに売れ残って置いてあったのを買ったんですね。

それから数十年、アッガイがまさかこんな愛されキャラになっているとは思いもしませんでした。

見る目がないということ、か。

スポンサーリンク

製作方針

HGアッガイ

キット

どう作る?

アッガイがどのようにして人気が出たのかわかりませんが、「カッコイイからだけじゃなくてカワイイから」という両面があると思います。

上級者さんの作例を見ると、ものすごく改造してあったり、手が込んでいて、とってもカッコイイものが多いです。

スジボリもすごく細かくて、目がくらむような作品ばかり。

私はそんなテクニックはありませんので、なるべくそのままのアッガイの姿で作りたいと思います。

それでも多少はオリジナリティを出したいので、ほんの少し簡単に出来るディテールアップ工作だけを施してみます。

見てもらえばわかると思いますが、本当に簡単なことだけです。

「アッガイのデザインそのままで、ちょっとだけ作った満足感が感じられれば」

という製作記になります。

使った道具

タミヤ・薄刃ニッパー

【タミヤ薄刃ニッパー】安物とは違うプラモ専用に感動
プラモデルには専用のニッパーを使いましょう。爪切りやハサミはもちろん、安物の一般用ニッパーではストレスがたまります。プラモデル専用のニッパーはどこが違うのか?5000円を超える高級品は必要なのか?初めて買うならこれくらいがいいですよ。

タミヤ・デザインナイフ

【タミヤ・オルファ】デザインナイフの使い方とカッターとの違い
プラモデル作りに昔はカッターを使っていましたが、デザインナイフを知ってからはあまりに使いやすくてビックリです。完全に上位互換です。刃も頑丈で鋭く力がいらないので、切ったり削ったりがラク。「刺して持つ」という使い方もプラモならではかな。

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

神ヤス

【神ヤス5mm厚】初心者の「神ヤス」頼み【スッキリ!】
プラモデルの曲面をヤスリがけするのは難しいです。曲面がガタガタになっちゃった経験ありますよね。そこで便利なのがスポンジヤスリですが、とくに「神ヤス」は便利です。私のような初心者や下手ほど、腕を磨くよりまずは「神ヤス頼み」でいいんじゃないですか?

アッガイ開封

構造はとってもシンプルなアッガイ

HGアッガイは、パーツ数も少ないですし、そもそも構造がとってもシンプルです。

関節も単純で、可動する部分も少ないので、後ハメ加工などの面倒な手間なく、全塗装をすることができそうです。

クリアパーツもあるよ

頭部のモノアイ周辺はクリアパーツも使われています。

クリアパーツなのにランナーが一緒になってるのって、すごく違和感がありますし、さすがバンダイという感じですね。

仮組みして考える

パーツをどんどん切り出していって、説明書どおりに仮組みしていきます。

全部筆塗り塗装するので、接着していいところとだめなところを考えながらです。

合わせ目がでるところはものすごく少なくて、胴体の側面とか脚関節だけです。

そこは仮組み段階で接着して合わせ目を消しておきました。

全パーツ

合わせ目はあまり目立たないところなので、ずんぐりした胴体だけ消しとけば大丈夫かもしれません。

上の写真は全パーツを切って仮組み終わったところです、

「色分けして塗装するところがほとんど別パーツ」

なので、筆塗り塗装がしやすそうです。

必要に応じて手がビヨーンと伸びている状態で作ることができますが、今回は基本形そのままで作ることにしました。(同じパーツたくさん作るの面倒だから・・・)

次回は

ほとんど解説していませんが、これで開封と仮組みが終わりです。

組み立てもないし、シンプルで説明するところがない・・・(笑)

ただ、アッガイの何とも言えない愛嬌ある姿、私にもわかってきました。

これを壊さないように、邪魔をしないように作っていかなくてはいけないな。

次回からいよいよ「誰でも出来る簡単ディテールアップ」をやっていきます。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
ガンプラ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ