【ガンタンク初期型#3】ファレホ筆塗り迷彩の新しい方法を試す

ガンプラ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

HGガンタンク初期型を、戦車模型のような仕上げを目指して作っています。

前回までに、ガンタンク初期型としての設定通りの基本塗装を、ファレホ筆塗りで終わらせました。

続いて、筆塗りによる迷彩塗装をやっていきます。

以前にも筆塗り迷彩塗装はやってみたのですが、自分が思ったような仕上がりには出来ませんでした。(当時はうまく出来たと喜んでいたんですが・・・)

ネットや本で見事な作例を観ては、

「どうやったらあんなふうになるんだろう?」

と考えていました。

今回は、新しい方法を試してみたいと思います。

どんな仕上がりになったか観てください。

スポンサーリンク

使った道具

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

筆各種

【100均から高級品まで】私が使ってる筆をさらす「使い分け」
私は筆塗り塗装でプラモを作っていますが、100均の筆から高級筆まで幅広く使っています。高級品と安物それぞれの使い方や使い分けについて、私の場合を例に書きます。とくにタミヤのモデリングブラシの種類の違いもあわせて解説します。筆は使い分けが大切。

水性塗料ファレホ(ミディアムグレー、ニュートラルグレー、ダークスチール、ライトスチール)

【水性塗料ファレホ】基本的な特徴と使い方をレビューします
「奇跡のカラー」と言われる水性塗料ファレホ。安全性が高い水性塗料が、素晴らしい発色性を手に入れたのです。しかしファレホには、知っておくべき特徴や使い方、そして欠点もあります。使ってみての感想も含めて、これから使う人のご参考になればと思います。

自作ウォーターパレット

【水性塗料には必須】ウォーターパレットのかんたんな作り方
水性塗料でプラモデルを塗装している人に絶対に使ってほしいウォーターパレット。ほとんどの人はご存知でしょうが、もし使っていない人がいるなら、簡単に自作できるので絶対に使うべし。乾燥遅いし作業中断できるし、デメリットがありません。自作方法を紹介。

紙コップ

使ったもの

 

今回試したい筆塗り迷彩塗装の方法

エアブラシでもなくラッカーでもなく

迷彩塗装って、クッキリと塗り分ける場合もあれば、ボヤッと境界をぼかしたような場合があるじゃないですか?

私がやりたいのは、後者の「ボカした迷彩塗装」です。

上手な人の作例を見るのですが、みなさんエアブラシを使っておられる場合が多いんです。

筆塗りの場合でも、ラッカー塗料で塗料を溶かし混ぜながら、ボカしていくテクニックを説明されています。

「塗装が泣く?」ラッカー塗装重ね塗り注意点【乾燥時間は?】
ラッカー塗料を使っていると、初心者にはいろいろな疑問がわいてきます。ラッカー塗料の重ね塗りは大丈夫なのか?乾燥時間はどのくらい?下地が溶け出してしまう原因はなに?ラッカー塗料は一番メジャーで便利な塗料ですから、使い慣れるまでが我慢です。

私は決して下地が溶けない水性塗料ファレホです。

どうやったらボカせるか、なんとか習得したいのです。

以前マシーネンでやった方法

以前は薄い塗料を重ねていった

以前、筆塗り迷彩塗装をやった時は、薄めの塗料を何度か重ねていって、ボカしたようにならないかとやってみました。⬇詳細はこちらで。

【1/20フリードリッヒ#04】初挑戦!筆塗り迷彩とフィギュア顔
初めてのマシーネン製作でフリードリッヒを作っています。今回は初めての筆塗り迷彩塗装と、フィギュアの顔の塗装に挑戦です。迷彩塗装は初級者でもできる簡単な方法を考えてやってみました。フィギュアの顔はいちおう人間の顔になったんじゃないでしょうか?

当時はかなり満足していたのですが、やっぱりなんか理想とは違うんですよね。

もっと複雑に、自然な感じでボカしたいというイメージがあるんです。

今回やってみる方法

今回やってみたい迷彩塗装の手順を、テストしてみました。

基本色の上に

迷彩の暗いグレーを置いていきます

今回使うのと同じ色で、テストしてみました。

基本色はファレホのミディアムグレーで、その上にニュートラルグレーです。

その境界に基本色をうすく重ねてみる

このままでは境界がハッキリとしていますので、境界に基本色を薄めにしてチョンチョンと置いていきました。

なるべく不規則になるように、意識しながら。

乾くとこんな感じです

テストでは、基本色➡迷彩色➡基本色、で終わりましたが、この上からさらに迷彩色を重ねてもいいかな。

「とりあえずこれでやってみよう」

図で簡単に説明すると

前回やった方法と比較して図で説明すると、こんな感じです。

今こうして文章を書いていて思いましたが、「2つの方法を混ぜてやればよかったかな?」と、今になって気づきました。

おらプラ
おらプラ

また次回、やってみます。次もまた筆塗り迷彩するぞ!

実際にやってみました

それでは、実際のキットで迷彩塗装チャレンジしていきます。

そうそう、前回と違うことがもう一つありまして、前回は説明書の作例を参考に迷彩塗装を描いていったのですが、今回はお手本がなく、オリジナルの模様を考えながら塗っていく必要があります。

迷彩の模様を決めていく

まずはボディから

「失敗したら、塗りつぶしてもう一度やり直せばいいんだ」

と、思い切って塗り始めました。

こんな感じかな~?

迷彩塗装を描くと、わざとらしい感じにならないか不安ですが、やってみるしかありません。

もしかすると、迷彩塗装にもいろいろな法則があるのかもしれませんね。

戦車模型とか作ってる人なら詳しそう。

キャノン砲も

うーん・・・(汗)

キャノン砲は左右違うように意識しました

キャノン砲は、左右で違うように塗ったほうがいいでしょうから、そこは意識していましたね。

背面など

「なかなかうまく出来てるような気がするな・・・」

と自画自賛しつつ、塗っていきました。

塗り始めるともう勢いで突き進むしか無いので、楽しくなってくるものです。

ボカしていくぞ!

それでは、かんじんのボカし作業をやってみます。

シャーシ正面の迷彩を例にして、紹介します。

この状態から

迷彩塗装の模様決めが終わった状態で、その境界を順番に丁寧にボカしていきます。

薄めの塗料を重ねて

なかなかじゃないですか?

境界を全部やっていくのは面倒でしたが、なんかいい感じになったと思います。

自分で色を重ねていく前回の方法より、

濃い部分と薄い部分のランダムさ

が気に入りました。

エアブラシでやるのとは、同じ仕上がりではないですが、個人的にはかなり納得です。

上級者の皆さんは、もし読んでおられたら優しく聞き流してくださいね(笑)

今回は2色ですが、もっと複雑に色を何色も重ねていって試してみたいです。

残りの塗装

ダークスチール

塗装していない残りの部分を、最後に塗装して終わりにします。

私が気に入って毎回使っている、ファレホメカカラーのダークスチール&ライトスチールです。

ライトスチール

ダークスチール

ものすごく金属感が出るので、アクセントになるんですよね。

デカール貼り

買ってあったガンダムデカール

このキットには、マーキングシールが付属していますが、マーキングシールは余白が浮き出てしまうので、なるべく水転写デカールでやりたいです。

キットと一緒に買ってあったガンダムデカールを貼ります。

まったく同じデザインで置換できる専用デカールなので、便利ですね。(他にも何体分かセットですしオトク)

でもあまり数は貼りませんでした

全部で5枚ほどで控えめにしました

次回はウェザリング

ガンタンク初期型、筆塗りで迷彩塗装をやってみました。

私にとっては「考え出した新しい方法」ですが、まあおそらく、当たり前の方法の1つなんでしょうね。

でも、プラモデルは自分で色々考えることも、楽しさのひとつだと思いますので、かなりご満悦なのです(笑)

次回は、戦車模型の時にやった油彩ドッティングなどのウェザリングをして完成になります。

「戦車模型のようにガンタンクを仕上げたい」

その思いは実現するでしょうか。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
ガンプラ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ