ファレホ・チッピングメディウムの使い方

塗料・塗装道具
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

水性塗料ファレホを使って、筆塗りでのプラモデル作りを楽しんでいます。

以前、ファレホのセット(なんだったかな?)を買った時に付属してきた、チッピングメディウムという透明な謎の液体があります。

チッピングと言うと、塗装が剥げたような感じを表現する技法を言いますが、はたしてこれは何に使うもの?

ネットで調べてみようと思ったのですが、あまりハッキリとした使い方がわかりません。

「買うつもりはなかったものだけど、手元にあるのだから、役に立つものなら使いたい」

と思い、色々試してみることにしました。

ファレホユーザーの参考になれば幸いですし、できればこれを読んだベテラン勢に教えていただきたいという下心もあります(笑)

スポンサーリンク

最初におことわり

正体不明なチッピングメディウム

私は初級者ですし、知識も乏しいです。

これから書くことは、私が無い頭を絞って実験してみたことを、そのまま伝えるものです。

やり方が正しいか、間違っているか、まったくわからないまま進めています。

上級者の方から見れば笑い話のようなことかもしれませんが、そのときは生あたたかくスルーしてください(笑)

チッピングメディウムに対する予測と疑問

透明で少しネットリとした感じ

まず最初に、私がチッピングメディウムに予測したことと、疑問に思ったことを書いておきます。

(予測)下地塗装と本塗装の間に塗る

チッピングは塗装が剥げて下地が見えるのを再現するものだから、下地塗装の上にチッピングメディウムを塗って、その上に本塗装をすると予想しました。

(予測)こすって剥がすか、水で剥がすか

そこで何らかの方法で本塗装を剥がすわけですが、こすったり削ったりして剥がす方法がひとつ。

他には「ケープ剥がし」のように水で濡らして剥がすというのも考えられます。

どちらかだとは思うのですが・・・。

「ケープ剥がし」とは、下地塗装の上にヘアスプレーをかけ、その上から本塗装をする技法らしいです。あとで水で濡らすと、本塗装がヘアスプレーごと溶け出して剥げ、チッピング表現できるというものです。

(疑問)乾燥時間は?

チッピングメディウム自体の乾燥時間も疑問でしたし、その上から本塗装をして、完全乾燥させていいものかどうかがわかりませんでした。

今回は、下地は1日乾燥させ、チッピングメディウムを塗ってさらに1日乾燥させ、本塗装も1日乾燥させました。

(疑問)筆塗りでもOK?

上で書いた「ケープ剥がし」は、筆塗りでは不可能な手法のようです。

ケープの上から本塗装を均一にキレイにする必要があるからだそうです。

このチッピングメディウムはどうなのでしょうか?

チッピングメディウムの使い方を実験する

それでは、実験していきたいと思います。

プラ板を使用

適当な大きさにプラ板をカット

わざわざプラモデルを使うのはもったいなかったので、小さなプラ板を準備して、実験に使います。

下地がシルバー、上がグリーン

上の写真を見ていただきたいのですが、右半分にシルバー(ファレホ)を筆塗りしました。

このシルバーが下地ということになります。

辺全体と真ん中に円を2つ

その上に、チッピングメディウムを塗っていきました。

辺全体と、なんとなく中央に丸を2つ描くように塗りました。

ここで1日乾燥させました。

緑を塗っていきます

その上から、次は本塗装として緑色(フィールドグリーンだったかな?)を塗りました。

かなり適当で汚い塗り方ですが、ご容赦ください。

塗った感じは、チッピングメディウムを塗ってあるところは少し筆が重いような感じがしました。

乾燥させます

ここでさらに1日、本塗装を乾燥させました。

あとで思ったのですが、チッピングメディウムも、本塗装も、おそらく通常の乾燥時間で大丈夫な感じでした。

ファレホの通常の乾燥時間、つまり30分もあれば十分ということです。

水でこすると?

写真はないのですが、まずは筆に水を含ませて、こするようにしてみました。

「ケープ剥がし」の場合は、少し水を含ませるだけで、ヘアスプレーが溶け出すようです。

そして、その上に乗っている本塗装もなくなるという原理らしいです。

ところが、ファレホのチッピングメディウムの場合は、

まったく水には溶け出しません!

でした。

しつこいくらいにこすりましたし、水もたっぷりと含ませましたが、塗装は変わらずでした。

デザインナイフで削ると?

デザインナイフでこすってみた

次に、デザインナイフでこすってみました。

先の方で軽く削るように動かすと、なんと、本塗装だけがペラペラと剥がれてくるではありませんか!

下地の銀は残ったまま

本塗装(緑)の塗膜が、薄い膜のように被さっている感じというのでしょうか?

剥がれたカスがわかりますか?

削るというより、薄い膜をめくりとるという感じです。

上の写真、塗膜がペロッとめくれているのがわかるでしょう?

ヤスリで削ると?

ちなみにヤスリで擦ってみたのですが、下地のシルバーまで削れて、プラ板が露出してしまいました。

神ヤスの400番でやったのですが、正直、私には削り方をコントロールするのは不可能でした。

「本塗装だけを削るなんて無理!」

と思いました。

また、あまり塗装が剥げた感じにならなかったので、チッピングという効果を生み出さないと思いました。

チッピングメディウムの効果

あくまでも実験ですが・・・

これが正解かどうかはともかく、ひとつの使い方であることは間違いがないようです。

うまくやれば、

「塗装の緑が剥げて、下地のシルバーが見えている金属板」

っぽくなると思います。

剥がし方とか練習は必要ですが、初めてやったわりには、いい雰囲気になっていると思いませんか?

デザインナイフの他に、爪楊枝でもやってみましたが、あまり簡単には剥がれませんでした。

デザインナイフのような金属の鋭いもののほうが良さそうですよ。

今回の実験でわかったこと・考えたこと

ファレホのチッピングメディウムは、

  1. 下地塗装と本塗装の間に塗る
  2. 水で剥がすのではなく、固いもので剥がす
  3. 乾燥時間は通常のファレホと同じ程度でOK
  4. 剥がす部分を決めておけば筆塗りでも可能
  5. 塗装剥がれをあとで書き込むよりリアルに仕上がりそう

ということがわかりました。(たぶん)

私は筆塗りしか出来ませんし、使う場所も限られそうですが、使えば良い効果が期待できそうです。

使ってみようと考えている人の参考になれば、幸いです。

そして、使い込んだ結果やノウハウを教えていただければ、もっと幸いです。

【水性塗料ファレホ】基本的な特徴と使い方をレビューします
「奇跡のカラー」と言われる水性塗料ファレホ。安全性が高い水性塗料が、素晴らしい発色性を手に入れたのです。しかしファレホには、知っておくべき特徴や使い方、そして欠点もあります。使ってみての感想も含めて、これから使う人のご参考になればと思います。
Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
塗料・塗装道具
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ