【水性塗料ファレホ】基本的な特徴と使い方をレビューします

塗料・塗装道具
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

私は水性塗料ファレホを使って、筆塗りによるプラモデル作りを楽しんでいます。

もともとはラッカー塗料を使ったのですが、臭いと頭痛に悩まされ、安全安心な塗料へ移行したのです。

ファレホは素晴らしい塗料というのは、皆さんご存知だと思います。

ファレホの基本的な特徴と使い方、そして使ってみてのノウハウ的なものをまとめてみました。

もちろん、欠点もあります。

「これからファレホを使ってみたい」

とお考えの人に、参考になれればと思います。

スポンサーリンク

ファレホとは?(容器サイズ他)

ファレホの容器

誰も興味ないだろうけど測ってみましたよ

ファレホ(vallejo)は、スペインで生まれた水性塗料です。

水性塗料はラッカーやエナメルの塗料と違って溶剤を含まず、安全で安心なことは昔から知られています。

でもそのぶん、「塗料としての性能はやや落ちる」というのが常識でした。

それを覆した塗料が、ファレホやシタデルという高級水性塗料だったのです。

安全面はそのままに、発色の良さをあわせ持つということは、昔では考えられないことです。

ファレホは世界中のモデラーから「奇跡のカラー」と呼ばれているらしいですよ。

ファレホの特徴

それでは、具体的にファレホの特徴を見ていきましょう。

色数が超豊富

色数がすごい

日本でも水性塗料が見直されて、少しずつ種類が増えてきています。

でも、

「水性塗料はまだカラーが少なくて・・・だから移行できないんだよなあ」

と思う人も多いでしょう。

いっぽう、ファレホのカラーは「とてつもない」数です。

モデルカラー 208色 パンツァーエース 48色
モデルエアー 252色 メカカラー 42色
ゲームカラー 113色 ゲームエアー 51色
その他 100以上 合計800色(種類)以上!

※同じ色で用途違いも含みます。

カタログを見ると、他メーカーなら自分で色を混ぜて作るしかないような、ニッチな色もそろっています。

その他、プライマーやコート剤、ウォッシング専用塗料など、多種多様です。

はっきり言って、ファレホでない色はないんじゃないでしょうか?

おらプラ
おらプラ

そもそも800種類も色知らないよ(笑)

臭いがしない

ファレホは、ほとんど(むしろ全く)臭いがしません。

私のように家族がいらっしゃる人には、とくに喜ばれることだと思います。

私は家族の反対でファレホを使い始めましたが、同じ部屋で塗装してても気づかれないくらいですよ。

奥さん
奥さん

うん、これは本当に気づかないんだよね

筆洗いがラク

水を入れた紙コップ

ファレホは水性ですから、乾燥してしまうまでは水で筆が洗えます。

私は紙コップに水を入れておいて、使った筆はそこに入れてます。

いちいち溶剤で洗って置いておく必要がないんです。

ラッカーだと放置するとすぐに筆がダメになってしまいますし、シンナーも揮発してなくなるので、めんどくさいですよね。

水が汚れたら、台所で新しい水に変えるだけ。

乾燥が早い

ファレホは、乾燥がとても早いです。

ラッカーに匹敵、もしくはそれ以上です。

次から次へと重ね塗ることが出来るのですが、それは、プラモデル作りの待ち時間が少ないことになりますから、ストレスがなくなります。

もう一つ、完全乾燥という性質もあるのですが、ここでは省略します。

後述の別記事に詳しく書きましたので、そちらも参照ください。

基本ツヤ消しです

ファレホは基本的にすべてツヤ消しです。

一部のメタル系カラーや、蛍光カラー、特殊カラーはのぞきます。

これは、ガンプラやミリタリー系のプラモデルを作る人にとっては便利です。

反面、車やバイクなどピカピカ系の人には不便でしょうか。

もちろん、上からツヤありコーティングをすることで、ピカピカにもなるはずです。(私はツヤ消し派なので未実証)

重ね塗りOK

迷彩の上に白

ファレホは、違う色を上から重ねても、下地が溶け出すことはありません。

ラッカーは下地が溶け出して色が混ざってしまう性質(いわゆる「塗装が泣く」)がありますが、ファレホは混ざらないので重ね塗りが楽ちんです。

※後述の別記事「乾燥について」で詳しく書いています。

色を混ぜるのがラク

フィギュアの肌を塗る時の私のパレット

これはファレホの特徴とは言えないかもしれませんが、ファレホはパレットに少しずつ出して使うので、いくつかの色を混ぜながら塗装するのが、簡単です。

キッチリ混ぜるというより、グラデーション的な使い方になります。

(ちょっと私のレベルでは手法の名前がわかりません)

もちろん、ラッカー塗料のように完全に混ぜることもできます。

入手性について

私はファレホのカタログを見るのも好き

ファレホの欠点は、入手性が悪いことです。

といっても、買おうと思って買えないわけではなく、買う時にはボークスの通販サイトがメインになり、送料と時間がかかるのです。

ボークスの通販は、発送も遅く送料が毎回800円かかるので、買う時はまとめ買いするほうがいいですよ。お近くにボークス直営店がある人がうらやましいです。

アマゾンなどでも扱いはありますが、すべての色が手に入るかと言われると疑問です。

※後述の「ファレホのコスパについて」をお読みください。

ファレホ関連記事

ファレホのシリーズ(種類)について

ファレホの種類について説明します
ファレホはとてもシリーズ分けが多くて、初心者にはなかなか分かりづらいものです。私もようやくわかってきましたが、最初は意味不明で買い間違いもありました。プラモデルを筆塗りで作る視点に限定して、ファレホのシリーズの使い分けについて解説します。

ファレホのコスパについて(実は良し)

【ファレホは高くない】じつはコスパがいいという事実
素晴らしい水性塗料として有名なファレホですが、コスト的に高いと言われがちです。でもそれは間違いで、じつはコスパが良い塗料なんです。他の塗料と値段や容量を比較しましたので、ぜひご覧ください。単価に加えて、ファレホの性能の高さがコスパにつながっているんです。

ファレホを買って最初にやるべき2つのこと

ファレホを買って最初にやるべき2つのこと
ファレホを買ったら、最初にまずやったほうがいい「下準備」が2つあります。そのまま使うより、利便性が格段によくなりますので、ぜひオススメしたいです。私が考えたわけではなく、ファレホファンの先人たちが生み出した賢~い方法です。

乾燥時間は2段階!詳細

ファレホの乾燥時間について【速攻で重ね塗りOK・完全乾燥は遅い】
ファレホの乾燥時間は2段階に分けられます。重ね塗りできるまではものすごく早くて、(化学変化で)完全乾燥するまでは24時間以上かかります。ファレホの乾燥について解説します。乾燥後の重ね塗りは?乾燥後の塗膜の強さは?ラッカーとの比較は?

ファレホに便利!ウォーターパレット自作しよう

【水性塗料には必須】ウォーターパレットのかんたんな作り方
水性塗料でプラモデルを塗装している人に絶対に使ってほしいウォーターパレット。ほとんどの人はご存知でしょうが、もし使っていない人がいるなら、簡単に自作できるので絶対に使うべし。乾燥遅いし作業中断できるし、デメリットがありません。自作方法を紹介。

「重ね塗りできる?」ファレホを溶かしてしまう溶剤

【実験してみた】ファレホを溶かしてしまう溶剤を徹底調査
ファレホは完全乾燥すると塗膜が強いです。しかし「上から何を塗ってもいいのか?」と気になって、実験してみました。ラッカー、エナメル、ウェザリングカラー溶剤、ターペンタインをファレホの上から重ね塗ってみます。ファレホに重ね塗りOKなのはこれ!

ファレホはデカール軟化剤で溶けてしまうのか?

デカール柔軟剤はファレホを溶かすのか実験検証「2つの結果」
マークセッターやマークソフターに含まれる「デカール軟化剤」は、ファレホの塗装を溶かすのでしょうか?人によって答えがばらつくようでしたので、気になったので実験してみました。結果はなるほど、2つの回答が出る理由がわかったような気がします。

ファレホのサーフェイサーが優秀なんです

ファレホのサーフェイサー「ホビーペイントスプレー」の特徴と使い方
水性塗料ファレホには、とても便利なサーフェイサースプレーがあります。サーフェイサーでもあり、プライマーでもあり、下地塗装でもあるマルチなスプレーです。ファレホだけではなく水性塗料ユーザーみんなに知ってほしいです。値段も安い!

ファレホのチッピングメディウムとは?

ファレホ・チッピングメディウムの使い方
ファレホにはチッピングメディウムという(私にとって)使い方のわからない謎のツールがあります。ネットで調べても、いまいち使い方がわからないのです。そこで、実験を行って、使い方を考察してみました。なかなかいい効果が期待できますよ。

ファレホ塗装で筆の根本が固まったら

ファレホは水で筆洗いできますが、乾燥の速さが災いして、筆の根本が固まってしまうことがあります。

そのときはこれ。

ブラシクリリンとブラシウォッシュで塗装筆を簡単キレイに洗おう
塗料の種類に関係なく、プラモデルの筆洗いに使えます。どれにでもこれ一つで済むのが便利です。ファレホなどの水性塗料でも、筆の根本について固まった塗料を綺麗にできます。ブラシウォッシュとセットで、簡単に、キレイに、経済的に筆を洗いましょう。

ファレホのスペアボトルが便利!

ファレホユーザーだけじゃなく、すべての水性塗料ユーザーに使ってもらいたいスペアボトル。

あったら即ゲット!ファレホスペアボトル「すべての水性塗料ユーザーへ」
ファレホは塗料そのものもイイですが、容器の使いやすさも優秀なんです。そのファレホにはスペアボトルという予備容器が別売りされてるんですが、これはすべての水性塗料ユーザーに使ってもらいくらい便利です。移し替えて使ってもいいくらいですよ。

ファレホメカメタリックの特徴

ファレホにはメタリック系の塗料も多いのですが、筆塗りで使うならメカメタリック一択!

おすすめする色としない色も紹介します。

筆塗り派ならファレホのメカメタリック「おすすめする色しない色」
ファレホのメカメタリックは水性で筆塗りしている人なら最高じゃないでしょうか?筆ムラでないし隠蔽力も強いし、なにより鈍い金属感がとってもいい雰囲気です。特徴を解説して、おすすめできる色とできない色も説明します。他の塗料との違いも。

ファレホおすすめですよ

もう使わない

私はすっかりファレホでプラモデルライフを楽しませてもらっていますが、まだまだ知らないカラーシリーズも多いですし、技術なんてまだまだありません。

でも、ファレホを使い出してから、家族の反対もありませんし、なにより筆でペタペタやるのが楽しくてしょうがないのです。

迷ってる人がいたら、ぜひ一度お試しください。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
塗料・塗装道具
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ