「黒サフの魔力」プラを金属に見せるコツは光の透過率にあり

初心・初級者
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

プラモデルを製作することを、ちょっと格好良く(?)表現すると、

プラスチックを金属に見せる

と言えると思います。

「え、これって実物? あ、プラモデルか!」

と思ってくれたら、最高に嬉しいですし、自分も満足するでしょう。

そのために、合わせ目を消したり、塗装したり、みんないろいろ頑張るわけです。

プラスチックを金属に見せるにはどうすればいいのでしょう?

ウェザリングなど様々な手法がありますけれど、一番基本の根底にあるのは、

光の透過率をコントロールする

ことだと言われます。

難しいことではありませんので、ちょっと読んでみてください。

プラモにぐっと金属感が出て、重量感を出せるようになります。

スポンサーリンク

プラスチックを金属に見せるには?

なんとか金属感を出したい

金属感を出す方法と言われると、初級者の方が最初に思いつくのは何でしょうか。

メタリック塗装?

「金属のギラギラ感を出すにはメタリック塗装かな?」

もちろん間違いではありませんし、有効な方法だと思います。

ウェザリング?

「塗装がハゲた感じを出すためにウェザリングするよ。銀色とか」

これももちろん有効ですし、大切なテクニックだと思います。

人の目が金属だと認識してしまう方法

でも、今回お話するのは、そういうことの前の話で、

人の目が「これは金属っぽい」と認識してしまうようになる方法

です。

そういうとなんか難しそうな話に聞こえるかもしれませんが、簡単なので心配ご無用!

プラスチックと金属の光の透過率の違い

プラスチックと金属は、光の透過率が違います。

プラスチックと金属の光の透過率の違い

透過 反射 吸収
プラスチック 90% 5% 5%
金属 0% 80% 20%

光の透過率とは、物体に光が当たったときに、どのくらい光が透過するかを表したものです。

金属は薄くても光は透けない

金属に光が当たったときに、80%の光が跳ね返り、残りの20%は吸収されます。

透過率はなんと0%です。

これはみなさんも経験でわかっていることなのですが、金属ってどんなに薄い板でも光が透けませんよね?

それが透過率0%ということです。

プラは透け透け

プラは光に透ける

対して、プラスチックは光を90%通過させてしまいます。

私達人間にはあまりそういう意識はないですが、プラはスッケスケというわけです。

プラスチックの下敷きで太陽を見ることがありますが、あの理屈です。

光を反射すると重量感が出る

そして、人間はどうやら意識していなくても、

光が透けると金属とは感じない

らしいのです。

無意識の感覚の問題なので、

「なんか金属じゃなくてプラっぽいんだよなあ」

とか、

「いまいち重量感がない」

と感じてしまうのを、避けることができません。

つまり、光の透過率を下げれば下げるほど、

  • プラは金属に見えてきて
  • 重量感が出てくる

ということになります。

プラスチックの光の透過率を下げる方法

光の透過率を下げる方法

塗装する

まず1番は、プラモを塗装することです。

塗装の被膜が出来ることで、光の透過率を下げることができます。

ただし、塗装だけでは完全に光を遮ることはできないので、まだまだプラ感が漂うことになります。

とくに、スプレーやエアブラシの薄くて均一な塗装面は、それが逆に光の透過率をそれほど下げられないことになります。

黒を下地として塗装する場合もあります

サーフェイサー

黒サーフェイサー後

次に使われる方法は、塗装の前にサーフェイサーを吹くことです。

サーフェイサーとは薄いパテのようなもので、プラの表面処理に使われます。

サーフェイサーは塗装の食いつきをよくするとか、下地を整えるとか役割がありますが、光の透過率を下げるという効果も発揮するのです。

黒サフってけっこう格好良いんです(笑)

とくに、黒いサーフェイサー(通称黒サフ)は、光を遮る効果が高くて、愛用する人も多いです。

裏地を塗装する

また、パーツの表側ではなく、見えない裏側に塗装しておくという方法もあります。

サーフェイサーはプラ表面のモールドを消す恐れがあるので、それを嫌って裏側に塗装膜を作っておくわけです。

表と裏で、塗装膜が単純に2倍という考えです。

この場合、黒やシルバー(透過率が低い色)が使われます。

裏塗装による光の透け具合

上の写真は、飛行機のコクピットの内側にグレーを塗ったものですが、赤線の左右で光の透け具合が違うのがわかりますね。

プラを金属に見せて重量感を出そう!

右は塗装のみ。ヘタですみませんが、それでも重量感感じます

上の写真は、右が塗装しただけのザクで、左が黒下地からの塗装のザクです。

私のおそまつな作例で申し訳ないですが、重量感という意味では左の緑のほうが感じませんか?

作風の違いもありますし、どちらが好みかは別としても、右の茶色は軽い印象を私はもってます。

これは黒サフの上に適当に赤を塗っただけのFGザク

これもおそまつですが、FGザクに黒サフを吹いて、その上にペタペタと赤を塗っただけの練習作品。

汚いけど、なんかドッシリして感じます。

光が透けないと白でも重い感じしません?

出せるのが私の作例だけなので、説得力なかったらゴメンナサイ(笑)

ただ、今回説明した光の透過率については、上級者はみんな意識してやってらっしゃる「真実」ですので、そこは疑わないでくださいね。

私も最初にこのことを知ったときは、上のFGザクで実験してみたんです。

そして、「おお~たしかにそうかも」と感じました。

みなさんも一度、安いプラモでいいので、練習がてら実験してみませんか?

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
初心・初級者
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ