【水性塗料には必須】ウォーターパレットのかんたんな作り方

塗料・塗装道具
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

ラッカー塗料をやめて、水性塗料でプラモデルを作っています。

水性塗料は各社から出ていますが、私は「ファレホ」という塗料が気に入り、愛用しています。

そのときに便利なのが「ウォーターパレット」という道具です。

水性塗料が乾かずに長く使え、1つあれば何色も同時に使える便利なものです。

販売もされていますが、原理は簡単なものですので、自作することが出来ますよ。

水性塗料を使っていて、ウォーターパレットを使っていない人、ぜひ作ってみてください。

めちゃくちゃ塗装がはかどります!

スポンサーリンク

ウォーターパレットとは?

水性塗料に超便利!ウォーターパレット

ウォーターパレットとは、その名の通りパレットです。

塗料を出したり、薄めたり、混ぜたりするあのパレットです。

ウォーターと付いていますが、中に水が入っていて、適度な水分を塗料に供給してくれるんです。

ラッカー塗料も水性塗料も乾燥が早いので、使っている間にもシンナーなどで濃度を調整しなければいけません。

濃度が上がってベトベトになってくるのを、シャワシャワにしながら使うわけです。

ラッカーの場合はシンナーを足すしかないのですが、水性塗料の場合はこのウォーターパレットが解決してくれます。

パレットの水分が「自然に」「適度に」供給されて、長い間シャワシャワのまま使えるんですよ!

ウォーターパレットのメリット

ファレホには必須です

ウォーターパレットにはメリットがいくつかあります。

塗料が乾きにくい

まずは上に書いたとおり、塗料が乾かず長い間使い続けることができることです。

この1点だけでも、ウォーターパレットを使う理由になると思います。

いつもキレイなパレット

普通のパレットでは、パレット自体を定期的にキレイにする必要がありますよね。

ラッカー塗料にはわざと混ぜながら行う塗装法もありまして、その場合はパレットや塗料皿を洗わずに使う場合もありますが・・・。

ウォーターパレットは、1番上の紙(詳しくは後述します)を交換するだけ。

汚れたら紙を捨て、新しい紙を敷くだけなんです。

ウォーターパレットはいつもキレイなんです。

何色も同時に出せる

同時に何色も、交互に使えます

パレットですから、何色も同時に出しておいて、塗装することができます。

「赤を塗って乾くのを待つ間に、青を塗るとするか」

という場合、赤も青も出しておいて、交互に塗ればいいのです。

乾燥が遅いので、それが可能なんです。

作業中断も可能

フタをすれば翌日でも

ウォーターパレットにフタをすると、水がなくならない限り、ある程度塗料を保存できます。

ですから、

「ちょっと小一時間休憩するか」

「用事に出かけて続きはあとで」

という場合に、フタをするだけで作業が中断できるんです。

塗料が水分を吸いすぎる場合もありますが、私は翌日でも使うことが多いです。

ウォーターパレットの作り方

これで材料OK

それでは、そんな便利なウォーターパレットを自作する方法を説明します。

準備するもの

  • フタ付きのタッパー
  • 台所用スポンジ
  • クッキングペーパー
  • クッキングシート

すべて100均で買えますから、400円で完成です。

作り方

タッパーにスポンジを入れる

まずは、タッパーにスポンジを入れます。

大きさはハサミで切るなどして調整してください。

タッパーに水を入れる

水の量に注意

水の量は、スポンジの上面より下なら大丈夫です。

私はスポンジの厚さの半分位を目安にしていますが、あまり神経質になる必要はありません。

スポンジの上にクッキングペーパーを

そうしたら、スポンジの上にクッキングペーパーを敷きましょう。

スポンジの水が吸い上げられます

クッキングペーパーは台所で水や油を吸い取るために使う厚めのペーパーですので、スポンジの水分を吸い取って濡れていきます。

最後にクッキングシートをしく

そして、最後にその上に、クッキングシートを敷きます。

これで完成です。簡単ですよね。

クッキングシートはシリコンでコートされていて、フライパンで何かを焼く時にくっつかないようにするものです。

この上に塗料を乗せるのですが、適度な水分を吸い上げつつ、塗料は下に溶け出さないという仕組みです。

クッキングシートがないと、塗料はどんどん下へ染み込んでいき、なくなってしまいますよ。

奥さん
奥さん

それを知ってるということは・・・

おらプラ
おらプラ

ええ、やりましたよ。シート忘れて塗料を無駄にしましたよ

(失敗)乗せた途端染み込んでいく

パレットをキレイにしたいときは、一番上のクッキングシートを捨てて、新しいものに変えるだけです。

ウォーターパレット作ってみては?

水性塗料を使っている人には、絶対にオススメしたいウォーターパレット。

これを使う前は、塗料皿に出した塗料がすぐに乾くので、薄めては塗り、薄めては塗り、面倒でした。

とくに私のような初心者は、じっくりと腰を据えて、慎重というか遅いので。

それが今では、塗料の乾燥のことは頭になく、ただ塗ることだけに没頭できます。

上で書いたように、他にもメリットは多くて、しかもデメリットはなし!

買ってもいいけど自作もかんたん。

使わない理由はありませんよ。

おらプラ
おらプラ

ジオングは脚がなくても力は変わらないけど、水性塗料はこれがないと戦力ダウン!

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
塗料・塗装道具
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ