ブラシクリリンとブラシウォッシュで塗装筆を簡単キレイに洗おう

塗料・塗装道具
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

私は筆塗り専門でプラモデルを楽しんでいますが、欠かせないのが筆洗いです。

ラッカー塗料を使っていた時は、専用溶剤で洗っていました。

ところが、それだと溶剤がすぐに汚くなってしまって、捨てるしか無いのでとてももったいなかったのです。

「なにか筆洗いにいいものはないか?」

と探したところ、ガイアノーツさんが販売している「ブラシウォッシュ」というものがありました。

ラッカーでもエナメルでもアクリルでもOKで、これ一つで洗えます。

しかも大切な筆にリンス効果も!

ラッカーを使わなくなった今は、筆の根本で乾燥してしまった水性塗料を、時々洗浄してキレイにしています。

ブラシクリリン、簡単に筆を洗えて、しかも経済的なのでオススメしたい!

スポンサーリンク

プラモ塗装の筆を洗う方法

プラモデル作りで使う塗装筆は、使うごとにキレイに洗浄しなければいけません。

安価な筆でも高価な筆でも、洗わないで固まってしまうと、一巻の終わりです。

専用溶剤で洗う

筆を洗う基本的な方法は、その塗料の専用溶剤で洗うことです。

ラッカー塗料ならラッカー溶剤、エナメル塗料ならエナメル溶剤です。

例外的に水性塗料は水で洗えます。

筆を洗うと、筆から塗料が取り除けますが、当然、その塗料は溶剤の中へ混ざって汚れます。

汚い溶剤で洗ってもキレイになりにくいので、こまめに溶剤を変えますが、それがけっこう精神安定状よろしくない。

おらプラ
おらプラ

ケチると筆がキレイにならないし、すぐに捨てるともったいないし

ブラシクリリンを使う

そこで私は、ブラシクリリンという、筆洗浄の専用液を使うようになりました。

正確には、専用溶剤でサッと洗った後、ブラシクリリンで最後の仕上げをするのです。

後述しますが、ブラシクリリンは液が汚れても洗浄性能は落ちるわけではなくて、かなり長く使えます。

私は専用溶剤の減りが激減しました。

ブラシクリリンとは?

ブラシクリリンは、どんな性質をもっているかまとめてみます。

どんな塗料でも洗えます

なんにでも使えます

ブラシクリリンは、ラッカー・エナメル・アクリル・接着剤・木工用ボンド・マスキング剤・マニキュア・墨汁など、幅広いものに使った筆を洗えます。

こびり付いたものもOK

塗料のカス

溶剤で溶かす方法ではなくて、塗料を剥がれ落ちるように洗浄するらしく、つまり、塗料が固まってこびり付いたものも落とせます。

ブラシウォッシュとセットで使おう

ブラシウォッシュとセットで

ガイアノーツから、一緒に使う道具としてブラシウォッシュというものが出ています。

小さなビンのなかに、樹脂製のアミアミが入っています。

そこへブラシクリリンを入れて、筆を入れてゴシゴシとこすりつけるのです。

クレオスから出ているMr.ブラシウォッシャーでも良いと思います。

どちらかとセットで使うのが良いと思いますよ。

リンス効果もあるらしい

ブラシクリリンは、触るとヌルヌルしていて、いかにもリンス効果がありそうです。

説明書にも書いてありますが、効果の実感があるかと言われると、私にはわかりません。

汚れてもまだ使えます

ビンの底に塗料のカスがたまります

ブラシクリリンは、使えばどんどん汚れていきます。

でも、液体の汚れと洗浄効果には関係がないらしく、長く使うことができます。

「剥がれ落とす」という説明通り、ビンの底には塗料の塊が溜まります。

私はよっぽど汚くなったときに、適当なタイミングで交換しています。

実際、気にならなければ、もっと使えそうな気もします。

臭いはありません

臭いはなく、それも「溶剤の臭いNGな環境」の人には良いのではないでしょうか。

ブラシクリリン・私の使い方2通り

私がブラシクリリンを使ってきた使い方を2通りご紹介します。

溶剤で洗った後の仕上げ

ラッカー塗料とエナメル塗料を使っていた時、私の使い方はこうでした。

  1. 専用溶剤をほんの少量だけ皿に出し、筆を洗う
  2. 溶剤を捨て、ブラシクリリンの中でゴシゴシと仕上げ洗浄する
  3. 水道で洗い流す(ブラシクリリンは水で流れ落ちる)

という感じでした。

塗料の種類に関係なくこれ一つで良いというのが、とってもラクでした。

ファレホが固まった根本の洗浄

現在は、水性塗料ファレホしか使っていません。

ファレホは水で筆を洗えば落ちます。

しかし、筆の根本についてしまった塗料が、塗装している最中に固まってしまうことがあります。

毛先のほうは塗料をずっと付けているので、固まることはないんですが・・・。

誰でも経験あるのではないでしょうか?

とくにファレホは乾燥が早いので、注意しきれるものではありません。

そこで、時々このブラシクリリンで筆をキレイにして、根本まですっきりとキレイにするんです。

夢中に塗っていて、根本にまで塗料が・・・

少し漬け込んで、その後ゴシゴシ

乾いていても落ちます

この使い方の場合、ほとんどブラシクリリンは汚れないので、とくに長持ちしますよ。

ブラシクリリンは便利ですよ

ブラシクリリンについて、説明しました。

ラッカー塗料やエナメル塗料を使っている人は、どれでも共通の筆洗浄に使えます。

水性塗料を含む全ての人には、筆の根本にこびり付いてしまった塗料を洗浄するのに便利です。

ブラシクリリンと、ブラシウォッシュでだいたい1000円くらい。

溶剤と違ってほとんど減らず、長く使えますので、決して高くないと思います。

筆洗いを簡単に、キレイに、経済的にやりましょう。

奥さん
奥さん

ブラシクリリンの中にたまるのは・・・?

おらプラ
おらプラ

あえて言おう、カスであると!

筆のお手入れやっていいことダメなこと「最初から知りたかった!」
プラモデル用の筆のお手入れってやってますか?「ちゃんと毎回洗ってるよ」という人、違うんです。洗うんじゃなくてお手入れです。筆の毛先がボサボサにならず、しなやかにまとまったまま、長く使えるようにする「お手入れ」です。コンディショナーのおすすめ。
Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
塗料・塗装道具
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ