【300円FGガンダム全塗装#02】脚部の合わせ目消しと塗装

ガンプラ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

FGガンダムを筆塗り全塗装で作っています。

前回は、開封から組み立て開始まででした。

今回、脚部だけパーツの合わせ目を消すことに挑戦しましたので、接着乾燥の待ち時間が長く、なかなかはかどりませんでした。

脚をやったり他の部分を作ったり、右往左往しながら作業を進めましたが、今回は脚部だけに焦点を絞って、ご紹介します。

どうぞお付き合いください。

スポンサーリンク

使った道具

タミヤ・薄刃ニッパー

【タミヤ薄刃ニッパー】安物とは違うプラモ専用に感動
プラモデルには専用のニッパーを使いましょう。爪切りやハサミはもちろん、安物の一般用ニッパーではストレスがたまります。プラモデル専用のニッパーはどこが違うのか?5000円を超える高級品は必要なのか?初めて買うならこれくらいがいいですよ。

タミヤ・デザインナイフ

【タミヤ・オルファ】デザインナイフの使い方とカッターとの違い
プラモデル作りに昔はカッターを使っていましたが、デザインナイフを知ってからはあまりに使いやすくてビックリです。完全に上位互換です。刃も頑丈で鋭く力がいらないので、切ったり削ったりがラク。「刺して持つ」という使い方もプラモならではかな。

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

神ヤス

【神ヤス5mm厚】初心者の「神ヤス」頼み【スッキリ!】
プラモデルの曲面をヤスリがけするのは難しいです。曲面がガタガタになっちゃった経験ありますよね。そこで便利なのがスポンジヤスリですが、とくに「神ヤス」は便利です。私のような初心者や下手ほど、腕を磨くよりまずは「神ヤス頼み」でいいんじゃないですか?

ウォーターパレット

【水性塗料には必須】ウォーターパレットのかんたんな作り方
水性塗料でプラモデルを塗装している人に絶対に使ってほしいウォーターパレット。ほとんどの人はご存知でしょうが、もし使っていない人がいるなら、簡単に自作できるので絶対に使うべし。乾燥遅いし作業中断できるし、デメリットがありません。自作方法を紹介。

タミヤ・セメント(接着剤)

脚の全体像

脚は6パーツではさみこむ形式です

まずは簡単に、足全体の組み立て構造を見ておきましょう。

ももをすねで挟み込み、すねを足首で挟み込みます。

このために、一気に組み立てると塗装がしづらいので、順次塗装しながら組み立てていくことにしました。

もも

接着する

まずはもものパーツを接着します

最初に、もものパーツを接着剤で接着します。

目玉クリップで圧をかけながらやると、しっかりと固定されます。

乾燥時間は長いほうが間違いないらしいですが、私はまる1日待つのが限界でした。

ムニュッとはみ出たプラ

パーツに塗った接着剤がプラスティックを溶かして、それが合せ目にムニュッと出ます。

「ムニュッが出ない」=「接着剤が足りない」=「合せ目が消えない」

ということですから、塗り過ぎぐらいが良いようです。

両側のパーツに接着剤をたっぷりと塗り、少し時間を待って、プラが溶けた頃を見計らって押し付けます。

合せ目をヤスる

神ヤス240番

とりあえず神ヤスの240番でヤスッてみました。

往復させるのではなく、一方方向へヤスリを動かすのが基本です。

番手が粗いと、みるみるうちに合せ目が低くなっていきます。

400番まで

400番までヤスると、パーツの合わせ目が見えにくくなってきました。

爪で触っても、コツンと当たる感触はありません。

800番まで

とりあえず今回は800番までヤスることにしました。

これで塗装した時に合せ目が消えていれば大成功です。

関節の塗装

1回目塗装

いよいよ塗装に入ります。

初めて使う水性塗料、ファレホの使い心地はどうでしようか?

2回目の塗装

1回目の塗装をしたときは、なんだか薄くシャバシャバで、

「これは何度も塗らないとだめかな?」

と思っていましたが、2回目を塗るとかなりしっかりと塗装できて、安心しました。

ちょっとの量ですごく伸びる感じで、フィールドグレーという濃い色だったせいもあり、あっという間に透けなくなりました。

そして、驚くことに臭いがほぼしません。

ファレホ、いいかも。(後日詳しく書きたいと思います)

奥さん
奥さん

私たち、塗装してたことに気づかなかったからね

乾燥待ち。ファレホの乾燥は早いです。

待ち時間に関節の黒い円を黒で塗装しました

どうせ待つならと、手脚の各関節にある、丸いところを黒で塗装しておきました。

すね

接着します

ももをすねのパーツで挟み込みます

塗装が終わったももを、すねのパーツで挟み込んで接着します。

組み立てるとやはり関節が中に入り込んでしまうので、後からでは塗りにくい感じです。

接着そしてまた待ち時間

また接着剤をたっぷり塗って、目玉クリップで圧着します。

足首の黒いところ

待ち時間に、さきほど塗った黒いところ、かなりはみ出していますので、デザインナイフで削り取っておきました。

表面をカンナがけするように

デザインナイフの刃をパーツに垂直にあてて、横に往復して削ります。

カンナがけするような感じです。

「おおっ、うまくいった!」

どうせ最後に白を塗るので、その時に補修できるかもしれませんが、なるべく透けないようにしたほうがベターだと思いました。

合せ目消し

接着完了!

接着乾燥が終わったら、ももと同じように合せ目を消していきます。

奥まったところは私には難しいので、やりませんでした。

気になるところが!

すると、気になるところが出てきました。

それはここ、裏側ふくらはぎの四角く切れ込んだところです。

みようみまねでやってみた

ここは狭くてヤスリが入らないので、他のところと一緒に放置しようと思ったのですが、本で読んだ知識を思い出しました。

『デザインナイフのカンナがけで、合せ目を消す方法がある』

ということです。

シャッシャッと小刻みに

狭いとはいえ、ちょうど四角い形ですから、よい実験になるかもしれません。

刃がズレるキュッという音は苦手ですが、なんとか削れました。

うまくいってるの?

とりあえず、接着後のムニュッは削れて平らになりました。

「でも、これでヤスッたことになるのかな? 粗く見えるけど?」

という印象ですが、とりあえずこれで塗装後を楽しみにします。

そして、また関節部を塗装

足首

今度は足首を接着

すねの関節の塗装が乾いたら、最後に足首のパーツで挟み込んで接着です。

「これで面倒な作業からは開放される・・・まさに一歩一歩だったからなあ」

とホッとしました。

思いつきで

そうそう、思いつきで足首にあるサスペンションのような部分を、金と銀で塗りました。

ここは以前買ったラッカー塗料でしたが、家の外に行って、サッと終わらせました。

塗料がまだたっぷり残ってて、もったいないんです。

赤い靴

赤いところを塗装して、残るところを白で塗るだけになりました。

写真で見るとわかりませんが、赤色は難しくて、ムラムラだらけです。

白いところも塗りました

先に塗ったところを塗りつぶさないように、白色を塗装していきました。

プラが白で塗装も白だったので、塗り忘れが見えづらかったですね。

「白は塗装しなくてもいいんじゃないか?」

と思っていましたが、やっぱり塗装した質感とプラの質感ではちょっと違いました。

やってよかったです。

例の合わせ目は?

そうそう、デザインナイフで削ったあの四角いところ、こうなりました。

  • 合せ目は薄くなっていますが、無いわけではない
  • 端っこに削りカスが残ってしまった
  • まだまだ未熟だけど、やったほうが良かったような

といった感じです。

それ以外のところは、まあまあ合せ目は消えてくれたようで、頑張ってよかったと思います。

もちろん、奥まったところや細かいところは放置ですので、いつか出来るようになりたいとは思いますが、壁は高そうです。

次回は塗装全体をみていきます

以上、今回は脚に焦点を絞って作業の様子を書きました。

実際は他の場所と交互に、待ち時間を交えながら作業しています。(白は全パーツ一気に塗りました)

合せ目消しと、私には複雑な組立て塗装手順、なんとかこなした感じです。

つくづく、HGのガンダムに施された工夫に感動しました。

さて、次回は脚以外の全塗装の様子をご紹介します。

ガンダムの顔、シールド、ボディ、塗装の難関でした。

どうぞお付き合いください。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
ガンプラ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ