【HGガンダムORIGIN版#08】デカール・トップコート

ガンプラ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

と作業を進めてきました。

これまでの作業を、効果の大きさだけで評価しますと、

  • パーツをヤスる・・・小
  • 部分塗装・・・小
  • スミ入れ・・・大

と感じています。

前回お話しましたとおり、私はスミ入れが苦手ですが、それでも効果は絶大だと思いました。

「練習してうまくなるやりがいがある」

と思います。

さて今回は、付属してきたデカールを貼って、つや消しトップコートというのをスプレーします。

これで「簡単フィニッシュ」というガンプラの仕上げ方が最後となります。

うまくいくといいのですけど。

スポンサーリンク

作業工程

デカール貼り

付属のデカールを説明書通りに貼り付けます。

ちなみに水転写デカールではなく、ふつうのシールです。

つや消しトップコート

塗装を保護するため、透明な保護膜を作る「トップコート」というのをスプレーします。

今回の場合、ほとんど塗装はしていませんが、ガンプラ全体をつや消しにすることによって、

プラモデルっぽくない質感

になるそうです。

使った道具

タミヤ・デザインナイフ

【タミヤ・オルファ】デザインナイフの使い方とカッターとの違い
プラモデル作りに昔はカッターを使っていましたが、デザインナイフを知ってからはあまりに使いやすくてビックリです。完全に上位互換です。刃も頑丈で鋭く力がいらないので、切ったり削ったりがラク。「刺して持つ」という使い方もプラモならではかな。

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

タミヤ・デカールピンセット

【タミヤ・デカールピンセット】初心者は太めが使いやすい
プラモデル用のピンセットを買おうとしたとき、あまりにも種類が多くて何を買っていいかわかりません。しかし「細すぎるよりもある程度太いほうが便利」というアドバイスを知りタミヤのデカール用ピンセットを買い愛用しています。初めてのピンセットを買う前に読んでください。

クレオス・プレミアムトップコート(つや消し)

ノーマルタイプの水性トップコートというのもありますが、こちらのほうが上位互換ということです。スプレー1缶150円(400円と550円)くらいの差なので、ケチるところではないかなと。

【違いで助かる】初心者は迷わずプレミアムトップコート!
クレオスの水性トップコートには、通常版とプレミアムがあります。プレミアムトップコートはどこが違うのか?私の感想では、美しさや耐久性というより、スプレーしすぎ、足りなすぎのミスをカバーしてくれる範囲が広いと感じます。そう、初心者ほど使うべきです。

デカール貼り

デカールを貼るとどのように変わるか楽しみです

水転写ではありません

キット付属のデカール。けっこう多いです

私が子供の頃、デカールといえば水転写デカール(水に浸して貼るもの)が一般的でした。

その他は一般的なシールで、台紙から剥がしてそのまま貼れるタイプでした。

シールは余白が透明ではなくて、いかにもシールを貼りましたという感じでしたから、プラモデル作りには使われていなかった記憶があります。

ところが、このガンプラに付いてきたものはシールでありながら余白が透明なので驚いてしまいました。

おらプラ
おらプラ

これなら簡単に、しかも格好良く貼れるかも!

デカールの説明書

デカールは、説明書に詳しく貼る場所が指示されています。

番号を探しつつ、丁寧に貼っていくだけです。

細かい!

台紙から外してそのまま貼り場所へ持っていき、押さえつければいいのですが、なにしろ細かいです。

ハッキリ言って、老眼の私には何を書いてあるかわかりません。

私はデカールの意味など考えず、ただ貼っていくだけです。

おらプラ
おらプラ

そこっ! そこっ! そこかっ!

だいたい合ってればいいや

正確にキッチリ貼ることは難しかったので、

左右(上下)対象ならOKとする

と割り切って貼りました。

 

困ったところ

余白が目立つ場合

私が困ったところがあります。

このデカール方式は、簡単に作業できるのがいいのですが、余白が水転写デカールより大きめだと思います。

例えば上の図のように、文字や数字は当然平面に収まるのですが、余白がはみ出して宙に浮く場所があるんですよね。何か所か。

デザインナイフでカットしようとした

なんとかデザインナイフで余白をカットしてみたんですが、面倒だったのですぐにやめました。

カットしている最中に、ダメにしてしまったデカールもありましたので、無理しないほうがいいだろうと思いました。

みなさんはどうしているのだろう?

目立つデカールはきれいに貼りたい

小さな「注意マーク」などはある程度適当でもいいですが、比較的大きめの文字は生命線ですよね。

両肩の2つのデカールは、慎重に行いました。

気になるところ

また、私の貼り方がヘタなだけかもしれないんですが、このデカールは余白が透明とはいえ、やっぱり見えますね。

私、水転写デカールは子供のときから苦手ではなかったので、ちょっと残念でした。

トップコートをスプレーする

なにがプレミアムかは知りません

私は家庭の事情で、エアブラシやスプレー塗装は許されていません。

ですから、塗装は筆塗りしか出来ないわけですが、「透明で色をまき散らさないトップコート」だけは、屋外でやるという条件で認めてもらいました。

おらプラ
おらプラ

絶対に外でやるから!

奥さん
奥さん

とりあえず・・・許す!

トップコートというのは、

 

  1. 塗装を透明な層でおおって、保護する
  2. 表面のツヤを統一させてプラモデルっぽい質感をなくす

ために行うそうです。

トップコートの準備

ガンダムの股間をクリップではさむ

パーツごとに分けたほうが、塗りムラが出来ずに良いみたいです。

ですが今回、全部組み上げたままスプレーします。

外が寒いので、手っ取り早く終わらせたかったからです。

ガンダムの股間を目玉クリップではさむと、ちょうどよい持ち手になりました。

それでは外へレッツゴー。

トップコートやってみた

ベッタベタ

こっちもベッタベタ

シールドはベタベタじゃない

ビームライフルはベタベタ

寒さをこらえて大急ぎでスプレーしてきましたが、全体的にベッタベタに塗ってしまいました。

シールドがやや薄めになりましたので、比較するのにちょうど良いかと思います。

「どのくらい塗れば正解なのか、どんな感じになるのか」

わからないからです。

トップコートの結果

1日感想させた結果、次のようになりました。

ベッタベタに塗ったところはキレイに

ベッタベタだったところは、乾燥すると信じられないくらいにキレイにつや消しになっていました。

シールドもキレイ

やや薄いかと思われたシールドも、キレイにつや消しになっていました。

ベッタベタのところと、差がわかりません。

バックパック

もうひとつ、塗装が筆ムラになっていたバックパックですが、トップコートをすることで、多少ムラが軽減されたように思います。

トップコートにはそういう効果もあるようですね。

後で気づいたミス

あと、背中の部分ですが、うまくスプレーが当たらなかったらしく、トップコートがまだら状になっていました。

奥まったところなので、しっかりとスプレーが届かなかったのでしょう。

これは痛いミスでしたが、いい勉強になったと思うことにします。

おらプラ
おらプラ

だから部位ごとに分けたほうがいいってことなんだな

トップコート1回目にして、わかったような結論を言うわけにはいきません。

 

ただ、

  1. ベッタベタに塗ってもキレイになる
  2. 多少少なくともキレイになる
  3. 少なすぎるとまだらになる

ということが実験できました。

つまり、私の作戦としては、

「トップコートは、ちょっと多すぎるぐらいまで、ベッタベタにスプレーしたほうがベター」

でいきます。

おらプラ
おらプラ

名付けて「ベッタベタがベター」作戦

奥さん
奥さん

・・・恥を知れ!俗物が

次回は「簡単フィニッシュ」完成披露です

デカール貼り、そしてつや消しトップコートが終了しました。

これで、HGガンダムORIGIN版「簡単フィニッシュ」製作が完成となります。

未体験の新しいタイプのデカール。

つや消しトップコートという魔法。

読んでいただいた方にはおわかりかと思いますが、私は30年ぶりにガンプラ再開したド素人です。

いきあたりばったりも、失敗もたくさんありました。

「それでもこれくらいには仕上がるんだな」

「自分もやってみようかな?」

というふうに、なまあたたかく見てもらえばと思います。

次回は「簡単フィニッシュ」完成披露はこちらです。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
ガンプラ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ