【RGザクⅡ#3】ファレホ筆塗りで完成「固定ポーズは楽しかった」

ガンプラ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

初めてのRGグレードの製作で「量産型ザク」を作っています。

前回までで、素組み終了後に固定ポーズで接着することで、このキットで私が作りたいポーズに出来ました。

全体を黒で下塗りしてあります。

今回はファレホで筆塗り塗装して完成です。

スポンサーリンク

使った道具

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

筆各種

【100均から高級品まで】私が使ってる筆をさらす「使い分け」
私は筆塗り塗装でプラモを作っていますが、100均の筆から高級筆まで幅広く使っています。高級品と安物それぞれの使い方や使い分けについて、私の場合を例に書きます。とくにタミヤのモデリングブラシの種類の違いもあわせて解説します。筆は使い分けが大切。

水性塗料ファレホ(使用色については後述します)

【水性塗料ファレホ】基本的な特徴と使い方をレビューします
「奇跡のカラー」と言われる水性塗料ファレホ。安全性が高い水性塗料が、素晴らしい発色性を手に入れたのです。しかしファレホには、知っておくべき特徴や使い方、そして欠点もあります。使ってみての感想も含めて、これから使う人のご参考になればと思います。

自作ウォーターパレット

【水性塗料には必須】ウォーターパレットのかんたんな作り方
水性塗料でプラモデルを塗装している人に絶対に使ってほしいウォーターパレット。ほとんどの人はご存知でしょうが、もし使っていない人がいるなら、簡単に自作できるので絶対に使うべし。乾燥遅いし作業中断できるし、デメリットがありません。自作方法を紹介。

紙コップ

今回の塗装レシピ

ここで、今回使ったファレホの種類を書いておきます。

下塗り
ボディなど チョコレートブラウン
緑装甲 インターミディエイトグリーン
内部メカ スチール
白、ミディアムグレー、赤、青

ファレホ筆塗りしていきます

それではファレホで筆塗り塗装していきます。

最初にお断りしておきますが、決して上手な塗装ではないですし、特別な塗装方法とかそういう記事ではありません。

自分では楽しかった塗装ですが、きっと他人からは汚いだけのものです。

満足感たっぷりで書いていくと思いますが、自己満足の独り言と思っていただければ幸いです。

ボディは茶色にします

ボディは指定の色と違って、なんとなく茶色にしてみました。

昔リアルタイプザクというキットが売っていて、その箱絵のカラーリングがカッコよくて好きでしたので。

ペタペタと塗っていく

ふむふむ

ベターッと塗りつぶさないように、モールドだけは下地の黒を残す感じで塗っていきました。

コックピットはグレーと青にしてみました

胸の部分を塗装する前に、まずはゴリゴリと筆を押し込んで、コックピットを塗装してしまいました。

壁はグレーで、シートは青です。

あくまでもイメージで、ワンポイントとして目立つ色を選んだだけです。

茶色はこんなものかな?

固定ポーズで塗っていますので、基本的には見えるところだけ塗ってます。

塗らないところは下塗りした黒のままですので、影のようになってどうせ見えません。

緑色開始

ザクのメインカラーの緑は、インターミディエイトグリーンというのを使いました。

やや明るい感じですが、最後にウォッシングで暗くするので、こんなものかなという感じです。

いい感じ?

筆ムラありまくり、塗り損ないありまくりなんですが、まるで最初からウェザリングとスミ入れをしてるような、そんな感じだと思いながら塗っていました。

自分では重量感あって好きなんですが、汚いだけかもしれません(苦笑)

頭部完成

肩アーマー

今回の塗装では平筆は使わずに、面相筆で塗料を置くように塗ってます。

平筆の美しい塗装面は今回求めてはいないので、筆ムラをあえて残しているイメージです。

傾けたりしながらどんどん塗っていきます

奥まったところは塗ってません

一通り塗り終わりました

緑色を一通り塗り終わったところです。

塗り足りないと思ったところは塗り重ねたりしていきます。

胸にグレーを

ここで気づいたのですが、胸の黒い部分は、このままだと下地と同じ色なのでモールドが見えないことになって、周囲との印象が違ってきそうです。

そこで、グレーをササッと塗って、その上からまた黒を塗っていくことにしました。

他の黒の部分(手、膝、足)も同じようにします。

グレーを塗って、残すように黒を

こんな感じかなあ?

黒だけじゃ単調な感じがしました

次に、モールドに残した黒が、黒一色で単調な印象を受けたので、ところどころに茶色を塗って、それをまた緑で塗りつぶすことにしました。

ジオンの兵士ってこんな感じだったような

白も追加

次に、緑色がペターっと単調に感じてしまったので、凸部を中心に少し白を塗って、その上からまた緑色を塗りました。

少しだけ色が残るようにしていくつもりです。

ウォッシング

今回はスミ入れをしませんが、全体の色に統一感を出すために、黒でウォッシングしました。

こうやって振り返って書いていますが、最初から予定通りにやっているわけではなくて、行き当たりばったりで試行錯誤しながらやってます。

「なんか違うな~」

と思えばやり直せばいいと思ってます。

全体を観る

今回やりたかった自分のイメージに、かなり近づけたような気がします。

肩の角を白にしてみよう

全体的に暗~くなったので、思い切って肩のツノを白に塗ってみました。

ウェザリングしていきます

最後にウェザリングマスターをしていきます。

暗くてメリハリがないのを改善するかと思い、銀色でエッジを際立たせるようにやってみました。

もう十分汚い(笑)ので、それ以上はウェザリングはしないことにします。

エッジに銀を

よし、完成!

最後に完成写真を見ながら、感想や反省などを。

完成写真と感想など

想定外はありましたが、作りたかったポーズをRGで作ることが出来ました。

操縦者のフィギュアは、最後にヘルメットのバイザーを赤く塗ってしまったのですが、ジオン軍兵士というのには無理がある感じになってしまいました。

見えるところしか塗装していませんが、あまり破綻はしていないんじゃないかなと思ってます。

もしもこれが可動して立たせたりしようものなら、あちこちボロボロのはずです。

固定ポーズで作ると、こういう良さがあるんだと実感しました。

塗装していても、じつはものすごく楽しかったです。

関節部などもアップにするとものすごく適当作業ですね。

好きか嫌いかと言われれば、私はこういう感じが好きです。

見えないところをのぞいてみれば、黒く下塗りした所に、筆を突っ込んでスチール色を塗りたくっただけ。

見ちゃいやーん。

写真は以前作ったHGザクです。

1つ1つパーツごとに塗装していって、最後に組み上げて完成させた、いわゆる王道的な作り方でした。

組み上げたときの感激は大きかったですし、

「かっこええー」

と思いました。

でも今回の製作と比べると、今から思えば作業感が強くて、1つ1つ失敗しないようにこなしていく緊張の連続でした。

今回は、読んで来てくれた方にはおわかりだと思いますが、失敗覚悟でどんどん筆を走らせていって、気に入らなければやり直し、塗り重ねていきました。

「まずはこうやって、次はこうやって・・・」

と手順を追うようなことがなくて、とても楽しかったのです。

どちらが良いとはいえませんが、たぶん自分はこれから、どっちの塗装方法も交互にやっていくような気がします。

それぞれの満足感がありますね。

野蛮に筆を動かしていく楽しさ。きれいに作業をやり終えて組み上げたときの達成感。

プラモデルは自分が楽しめて満足すれば、それが最高だと思ってます。

出来上がったものを眺めてニンマリしたり、

「おれはこっちが好きだな」

などと独り言したり、どのキットも忘れられませんねえ。

今回、初めてのRGなのに、キットの高度なパーツ分割も、可動範囲も活かさない製作でした。

もったいないかなと思いますが、

「このポーズにはRGの関節が必要だったんだ!」

と考えてます。

プラモはいろいろな作り方がありますし、どういうふうに楽しんでもいいんだなと、あらためて思いました。

長くお付き合い、ありがとうございました。

⬇今回のポーズが最初からとれるMGザクの関節にも興味が出てきました。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
ガンプラ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ