【1/20フリードリッヒ#04】初挑戦!筆塗り迷彩とフィギュア顔

マシーネン作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

初めてのマシーネン製作をしています。

前回は、塗装の下地として、サーフェイサーと胡粉ジェッソと下地色の塗装の3つを行いました。

今回はいよいよ筆塗りで塗装します。

初めての筆塗り迷彩塗装、フィギュアの顔の塗装に挑戦です。

スポンサーリンク

使った道具

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

タミヤ・モデリングブラシHFスタンダードセット

タミヤ・モデリングブラシPROⅡ面相筆超極細

【タミヤ・モデリングブラシPROⅡ超極細】下手でも塗れた!
タミヤのPROⅡ面相筆超極細を使っています。他の筆は安いセット物ですが、この細いのだけは高級品を使わせてもらっています。私のような下手ほど、筆に頼って解決するのも一つの方法かと。マスキングも筆塗りも下手なら、筆の性能にまかせましょう。

水性塗料ファレホ(ドイツカムフラージュベージュ、リフレクティブグリーン、サドルブラウン、チョコレートブラウン、ホワイト、ライトフレッシュ、ダークフレッシュ、サニースキントーン、レッド)

【水性塗料ファレホ】基本的な特徴と使い方をレビューします
「奇跡のカラー」と言われる水性塗料ファレホ。安全性が高い水性塗料が、素晴らしい発色性を手に入れたのです。しかしファレホには、知っておくべき特徴や使い方、そして欠点もあります。使ってみての感想も含めて、これから使う人のご参考になればと思います。

自作ウォーターパレット

【水性塗料には必須】ウォーターパレットのかんたんな作り方
水性塗料でプラモデルを塗装している人に絶対に使ってほしいウォーターパレット。ほとんどの人はご存知でしょうが、もし使っていない人がいるなら、簡単に自作できるので絶対に使うべし。乾燥遅いし作業中断できるし、デメリットがありません。自作方法を紹介。

マスキングテープ

ベース色の塗装

ベース色はカムフラージュベージュ

迷彩塗装の方法ってわかります?

ぱっと思いつく方法は2つだと思います。(2色で迷彩の場合)

  1. 全体を1つ目の色で塗って、2つ目の色で迷彩模様を描いていく
  2. 最初から塗り分ける

私は前者の、全体をまずベース色で塗って、その後2つ目の色で迷彩模様を描き込んでいく方法にしました。

おらプラ
おらプラ

どちらが一般的なんでしょうか?

1度塗り。下地の色がまだ透けてます

関節などの奥まったところ、装甲の裏側などは下地色(フィールドグレー)を残しつつ、カムフラージュベージュを塗っていきます。

この時点で思ったのですが、全体を下地色で塗装してあると、奥まったところはそのまま放置でOKなので、簡単なのかもしれません。

2度塗りで完成!

いい感じだと思います。

筆塗り迷彩に挑戦!

筆塗り迷彩塗装スタート!

それではいよいよ、迷彩塗装にするべく、緑色(リフレクティブグリーン)で塗装です。

そうそう、今回の塗装のカラーは、説明書の作例をもとに、ファレホの戦車用のカラーから選びました。

ですから、迷彩塗装のカラーとしては、大失敗はないと思っています。

作例を見ながらそのまんま

迷彩塗装ってたぶんセンスが必要で、そして自分にはそれがないとわかっているので、説明書の作例通りに迷彩模様を描き込んでいきました。

あとで詳しく書きますが、塗料を薄くして最初はまず模様を描き、その後塗り重ねていきました。

なんとなくOKかな?

作例ではよく見えないところもあって、そのあたりは適当に描きました。

自分ではうまく描けたように思っています。

背中のエンジンとパイプ

1回目の迷彩が乾燥待ちの間に、背中のエンジンや排気口やパイプを茶系(サドルブラウン)で塗りました。

1回目ではこんな薄い感じ

上の写真は1回目の迷彩塗装が終わったところですが、かなり薄めに塗ってあるのがわかりますか?

このあと、2回3回と塗り重ねていきました。

1回目のちょっと内側を

私が考えたのは、1回目の塗装の少し内側に、塗り重ねていくという方法です。

迷彩塗装って、周囲とボヤケたようになるのが格好良いので、エアブラシの得意分野だと思うんですよね。

筆塗りで、しかも私のような初級者がどうすれば出来るのか、少ない脳みそをフル活動させて塗りました。詳しくは次の項目で。

私の迷彩塗装の方法

簡単な図を作りましたので、今回私がやってみた迷彩塗装を説明します。

迷彩のベース色

薄めの塗料で1回目塗装

ベース色が透けるようなシャバシャバ薄めの塗料で、1回目の迷彩模様を描きます。

2回目は1回目の少し内側を

2回目も(そして3回目も)同じ用に薄い塗料で重ねていきます。

薄い塗料を重ねることで、本来の濃さに近づけていく感じでしょうか。

3回目は更に内側

こういう風に塗っていくことで、2つの色が混ざり合ってボヤケたような、いい感じの迷彩塗装になると思ったのです。

本当は、2つの色を上手に混ぜて中間色を作り、境界をボカしていくのがベストなのでしょう。

でも、色を混ぜるのって難しいと思うんです。

おらプラ
おらプラ

私はそういう調色技術がないので・・・こういう方法でやりました

奥さん
奥さん

なかなかいいんじゃない?

ちなみに今回はほとんどが2度塗りで、一部だけ3度塗りで仕上げました。

どうですかね?

識別帯の塗装

識別帯という白い帯

次は識別帯という白い帯を塗っていきます。

識別帯とは、戦場で見分けるためのマーキング塗装。工場じゃなく現地で塗られるらしく、手書き風味で良いみたいです。

おおまかな位置決めのためにマスキング

最終的には手書き風に仕上げるべきなので、マスキングテープは大体の位置決めのために、下のラインだけ貼りました。

下のラインに合せて、だいたい同じ太さになるように塗っていきました。

重ね塗り自由なのでファレホはラク!

ファレホは重ね塗りをしても下の色が溶け出しませんし、隠蔽力も強いので、白いラインなのに簡単です。

マスキングからのハミ出しは・・・

修正するのもラクなファレホ

2度塗り

3度塗りで完成

マスキングした下側のラインも、筆で塗り重ねて手書き風にしました。

3回目塗って、まだ多少透けていますが、識別帯は現地で後塗りということなので、これも自然な感じと言えるかな?

「うまく出来た!」と嬉しかったです。

透明パーツの塗装

キャノピーはマスキング

透明パーツのキャノピーは、周囲だけ塗り分ける必要があります。

そこで、マスキングテープを貼って、デザインナイフで切り取りました。

写真ではわかりませんが、かなりヘタです

これで枠だけ塗装出来ます

デザインナイフでカットする時にパーツを傷つけたり、カットがガタガタだったり難しかったです。

マスキングしないで丁寧に塗ったほうが良かったかな?

完成

フィギュアの顔の塗装

顔用の塗料を出しておく

さて、ガンダムの顔以上に難しそうな、フィギュアの顔の塗装です。

人の顔ってどうやれば塗れるんでしょう?

「肌色塗って、目と口を描けばいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、そうでもないみたいです。

肌色もいろいろあって、明るい肌色と暗い肌色を塗り重ねていってはじめて、人の顔のように見えるということです。

試行錯誤の様子を連続写真でどうぞ。

はっきりいってヘタですので、参考にはなりません(笑)

白サーフェイサーで塗ったもの

なんとなく肌色を塗ってみました

人間じゃないな

明るい肌色を光が当たる場所に

暗い肌色の上から、光が当たりやすい場所(額とか鼻とか頬)に明るい肌色を塗ります。

目ン玉を黒でチョコンと描いてみました。うーん。

目を黒に、目の周りを茶色っぽく、唇は赤

影になりやすいところ(鼻の横、目の周りなど)を少し茶色を混ぜて塗ってみました。

おや? 少し顔っぽくなってきた?

目を白で塗ろうとしてドボッと大失敗

目の白を塗ろうとして、塗料がドボッと落ちてしまって、目がひどいことに。

余計なことをしました。

先に白を塗っておくべきでした。

これで良いとする!

何度も何度も塗り重ねて、ここでヤメました。

上手い人はどんどん仕上がっていくのでしょうが、私の場合は、寄せては引く波のように、

顔になったり、顔じゃなくなったり

するので、良いと思ったところでスッパリやめることが肝心です。

人生初のフィギュアの顔塗装、じつのところ、個人的には大満足してます。

思ったよりうまくいったと思います。

服を適当に軍服っぽく塗って

お、いいじゃん!

その他塗装

座席はチョコレートブラウン

座席のシートや操縦席の肩パッドのようなところは、チョコレートブラウンで塗りました。

黒サーフェイサーが透けていますが、なんかいい感じになってくれたので、途中で終了しました。

塗装を終えて

マシーネンのファレホ筆塗り塗装を終えました。

とくに、筆塗り迷彩塗装とフィギュアの顔の塗装は、人生初の挑戦でした。

ネットで下調べしながらの塗装でしたが、個人的には思ったよりもうまく出来たと大満足です。

ビギナーズラックなのか、たまたまなのか、一応形になりそうで、先が見えた瞬間でした。

次回は、水転写デカール貼りとウェザリングを行います。

どうぞお付き合いください。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
マシーネン作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ