【HGギャン・メタリック塗装#1】開封して仮組み終了まで

ガンプラ作ろう
スポンサーリンク

こんにちは、おらプラです。

1/144HG(正確にはHGUCというシリーズ?)ギャンを製作します。

これまでファレホを使って筆塗り塗装してきて、個人的に気に入っていることがあります。

「ファレホのメカカラーのメタリックはとってもキレイで塗りやすい」

ということです。お気に入りなんです。

そこで、

「一度、ファレホのメタリックカラーだけを使って、キット1体全部塗装してみたい」

と思うようになりました。

それで選んだのが、このギャンです。

西洋騎士の鎧っぽい外観ですから、ギンギラのメタリック仕上げが似合いそうだと思いました。

今回から4回に渡って、製作と塗装の様子を書いていきます。

どうぞお付き合いください。

スポンサーリンク

製作方針

じつはあまりギャンは好きではありませんでした

キット

ギャンはHG(1/144)とMG(1/100)が発売されています。

大きいキットは筆塗り塗装で塗料をたくさん使うので、貧乏性のためあまり作りません。

よって、今回もHGです。

どう作る?

ファレホメカカラーのメタリック買い揃えました

今回はファレホ・メカカラーのなかの、メタリック塗料のための製作ですから、それを使って筆塗り全塗装で製作します。

これまで「ダークスチール」「ライトスチール」「ゴールド」という3色だけ使ってきましたが、今回6色買い足ししてみました。(全部使うわけではないですが)

メタリックのピカピカ感を強調したいので、ウェザリングやデカールなどは行わない予定です。

塗装のための後ハメ加工は行いますが、改造などはほんの少しだけ、という方針です。

メタリックカラーによる、メタリックカラーのための製作なのです。

使った道具

タミヤ・薄刃ニッパー

【タミヤ薄刃ニッパー】安物とは違うプラモ専用に感動
プラモデルには専用のニッパーを使いましょう。爪切りやハサミはもちろん、安物の一般用ニッパーではストレスがたまります。プラモデル専用のニッパーはどこが違うのか?5000円を超える高級品は必要なのか?初めて買うならこれくらいがいいですよ。

タミヤ・デザインナイフ

【タミヤ・オルファ】デザインナイフの使い方とカッターとの違い
プラモデル作りに昔はカッターを使っていましたが、デザインナイフを知ってからはあまりに使いやすくてビックリです。完全に上位互換です。刃も頑丈で鋭く力がいらないので、切ったり削ったりがラク。「刺して持つ」という使い方もプラモならではかな。

ヘッドルーペ

【ヘッドルーペ】老眼でのプラモデル作りには欠かせない拡大鏡
老眼になってくると、プラモ作りが辛いです。そこで、拡大ルーペを使います。スタンド型とヘッドルーペ型がありますが、私はヘッドルーペが使いやすいですね。拡大ルーペは長所も短所もありますが、実際、もうこれなしにプラモデルライフは考えられません。

神ヤス

【神ヤス5mm厚】初心者の「神ヤス」頼み【スッキリ!】
プラモデルの曲面をヤスリがけするのは難しいです。曲面がガタガタになっちゃった経験ありますよね。そこで便利なのがスポンジヤスリですが、とくに「神ヤス」は便利です。私のような初心者や下手ほど、腕を磨くよりまずは「神ヤス頼み」でいいんじゃないですか?

タミヤ・タミヤセメント(白ブタ・角びん)

開封

全パーツ

パーツ数は平均的なHGと同じです。

シンプルなカラーリングのMSなので、素組みでもかなり正確に色分けできていそうです。

ふっといビームサーベル

ガンダムなどより太く丸みを帯びたビームサーベルは、透明パーツです。

説明書によると、ギャンのビームサーベルは「斬る」より「突く」に特化されているらしく、また、ガンダムよりかなり強力なものらしいですよ。

特徴的な盾も色分け出来てます

特徴的な盾も、赤・黃・グレーの3色で色分けできています。

デカールはモノアイと腹部の色分けに付属していますが、今回は使わないことにします。

組立て開始

組立てに際して

このキットは、関節部などは後でばらして個別に塗装する必要があります。

そのため、組立全体を通して、バラせるようにダボ穴加工をしながら作ってます。

【初心者向け】ダボ穴加工の基本3種類はどれが簡単でオススメ?
ガンプラのようなスナップフィットのプラモデルは、ダボとダボ穴を加工することによって、バラすのも簡単になります。一般的に3種類の方法があり、全部やればいいのですが面倒くさい。そこで初心者向けにおすすめの1つをご紹介します。私の場合ですが。

胴体の組立て

胴体のパーツ群

胴体は前後合わせの間に、肩関節を挟み込むという一般的な形状です。

合わせ目はありますが

組むとこんな感じ。

合わせ目は派手に見えているのですが、このあと、胸の装甲で前後から挟み込むので、見えなくなるようです。

青い胸装甲

うまく出来てる

見える部分は凹形状となっているので、合わせ目は消す必要なし。

内部は見えなくなりますね

せっかく胸の部分にダクトっぽい加工がしてあるので、

「青いほうの装甲のダクトを切り抜けば、いい感じにかっこいいんじゃない?」

と思ったのですが、私にはうまく切り抜く自信がないのでやめておきました。

腰を付けて胴体完成

腰の部分を下からくっつけて、胴体は完成です。

塗装するときは、青いパーツは塗装後にしたほうが失敗がないかな?

バックパックはシンプル

バックパックはシンプルです。

あまり詳しくないのですが、ギャンって宇宙行けますよね?

どことなく陸戦MSっぽい雰囲気があるなあ。

アニメでもコロニー内だけだったから。

頭部の組立て

頭部のパーツ群

頭部は下半分は前後に割れてて、上部は1パーツです。

モノアイのパーツを下部のパーツで挟み込むのですが、合わせ目がガッツリ出ますので接着したい。

合わせ目が出ます

するとモノアイパーツが外せません。

モノアイの黒い部分は別に塗装したいので、後ハメ加工をします。(次回記事で)

ネット上に方法が載っていたので助かりました。

角も次回工作します

腕部の組立て

肩の構造

ギャンのマッチョな丸い肩は、合わせ目は出ません。

中身は見えてしまう

ただ、関節の中身は見えてしまうので、見えるところを先に塗装して、それを肩パーツで挟み込みたいところです。

腕関節のパーツ群

腕関節は、ガンプラらしく先に内部の関節構造を作り、それに装甲板を取り付けていく方式です。

関節に装甲を付けていく

関節部は当然丸見え

関節部を塗装するときに、どうしても装甲にはみ出しやすいですから、ここも別途先に関節部を塗装して、あとで装甲を付けることにします。

ガンプラを作ってていつも面倒だと感じるところです。

きっちり装甲と塗り分けると見た目がいいですよね

頑張れば見た目にも良くなるので、やりますけども・・・。

とくにギャンの場合は手首近辺の合わせ目が丸見えで、消さなければいけません。

つまり、

関節部の塗装➡腕装甲接着➡合わせ目消し➡腕装甲塗装

という手順を踏まなければいけないんですよね。

簡単な後ハメ加工の方法はネットで見ても見つけられませんでした。

脚部の組立て

脚部の関節

脚部を見ていきましょう。

やはり関節部を組立てて、そこに装甲を付けていく感じとなっています。

脚部全体

関節見えてる&スネ後部の合わせ目

やはり関節部は丸見えですし、スネの後部(上半分は凹加工でOK、下半分が問題)に合わせ目が目立ちます。

ここも腕と同じように、

塗装➡接着➡合わせ目消し➡塗装

なんていう手順がいいのでしょうか。

膝の青い部分

膝のところに青いパーツを取り付けて、その上から装甲板を追加します。

ここも塗り分け必要

ここは青部分と水色部分の塗装を別にしたほうがキレイにいくでしょうが、装甲はあとでハメるだけなので問題ないですね。

足首まわり

足首まわりの装甲パーツの内側、どうしましょう。

装甲と同じ色ではメリハリがなくなりますし、けっこう見える範囲が広いので、(私が普通使う)黒では、ギャップができそうです。

今回はメタリック塗装をテーマにして製作するので、装甲とは違う色のメタリックカラーで塗り分けることにします。

腰の装甲の裏も

腰の装甲板(スカート)も裏側見えることですし、そこの色と同じにしてみます。

武器類の組立て

ビームサーベル

盾は見事に色分けされてます

盾は、素組みでもとってもかっこいいですね。

塗装する場合でも、パーツが色ごとに分かれていますから、簡単です。

手首は2種類

ビームサーベルを持つ方の手首は、2種類付いていました。

固定式でグーのものと、やや軽く握って角度が変えられるもの(サーベルで刺すポージングが取りやすい)です。

ギャンはポーズが独特なので、やっぱりこれがないと格好良くなりません。

仮組み終了

仮組みが終わりました

組立ててみると、ギャンってけっこうゴツいです。

細身で華奢なイメージでしたが、肩がマッチョで力強い感じです。

いいですねえ

ギャンは「突く」

適当にいくつかポーズをとってみましたが、手首がいい仕事してますね。

今回、西洋騎士っぽい塗装をするつもりで組立てましたが、

「これは格好良くなるぞ!」

とワクワクしたものです。(うまく塗装できれば、ね)

こういうのもいいなあ

アクションベースを使って、こういうポーズもいいですね。

【撮影&展示】アクションベースの違いを解説します【選び方】
ガンプラの展示や撮影に便利なアクションベース。もはや必須とも言うべきアイテムですが、初めての人には種類が分かりづらいのが困りもの。色も多いですし。初心者向けにアクションベースの違いを比較して、注意点や選び方もアドバイスしたいと思います。

今まであまり好きではなかったギャン、この時点で好きになってました。

次回は

次回は、いくつか定番の加工をしてみます。

難しいことはしない(出来ない)ので、簡単に出来ること限定で。

  • 頭部の後ハメ加工
  • 頭部のツノをツンツンに
  • モノアイを格好良く
  • 腰スカートの分割

です。

次回もどうぞお付き合いください。

Amazonで買うならチャージが絶対お得

Amazonでプラモデル用品を買うなら、絶対にAmazonチャージがオススメです。

①必要な金額だけチャージできます。
②チャージ金額に応じてポイントもらえます

チリも積もれば山となるのです。

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
ガンプラ作ろう
おらプラをフォローする
スポンサーリンク
おらもプラモ